March 12, 2006

花粉症外伝-両鼻腔粘膜焼灼熱術始末記5 そしてギター等

 3月6日で両鼻腔粘膜焼灼熱術をやって3週間経った。そして明日で4週間だ。
 先週までは週に2回医者に行っていたのだが、どうもあの医者は瘡蓋を剥がすのが好きらしくまだ剥がれそうにない瘡蓋を力尽くで剥がす、その後は暫く出血が続く、と云うのが毎度のことで、嫌になり、今週から1回しか行かないことにした。

 3月10日、この日は今は亡き名優・渥美清氏の誕生日でもあり、松田聖子、熊谷真美、藤谷美和子、藤井隆、山田花子、ソニン、つぶやきシロー、そして古くはサラサーテ、御木本幸吉、ETC.etc.・・・・の誕生日でもあり嘗ては日本帝国陸軍記念日でそこで陸軍の面目を潰すべく行われた東京大空襲の日でもある。そして将亦惑星直列も有り、アレキサンドリア遷都も行われ、昨年亡くなった義父の誕生日でもあり、何を隠そう私の誕生日でもある。我が家では3月10日は、酒飲みが生まれる日と信じられている。
 大変無駄に長くなったが、その3月10日に医者に行って来た。
 そして例によって医者は私の鼻腔内から大量の瘡蓋、血の凝固した物などを取り出した。然しこれ以来調子が良い。左右というわけにはいかないが、左の鼻は見事に通り、我が人生に於いて最も鼻通りの良い日々が続いている、但し左だけである。実は片方だけならこれ位の鼻通りはなかったわけではない、と思う。多分片方ならば辛うじてこの位通ったこともある、と思う。
 この3月10日小生47歳の誕生日を境に生まれ変わったのだ。鼻の通らない男から片鼻の通るいい男である。あと少し待てばきっと右の鼻も通るに違いない。先週までの「出血は何時止まるのか?」「俺は鼻血が止まらずに死んでしまうのか?」と云った暗雲立ち込める暗澹たる気持ちが大分晴れてきた。私の中で晴々とした気持ちが芽生え、「たそがれ清兵衛」の読後の様に爽やかになりつつある。後は右だ!右さえ通れば紛れもない「鼻の通ったいい男」になれるのだ。暫し待たれよ、だね。

 さて鼻が通った処で花粉症が治ったわけではない。鼻づまりの要因を除去、軽減したに過ぎない。医者からも言われたように体質までは変わらない。術後も花粉の多い日にはちゃんと(?)目も痒いし、鼻水も出るし、嚔もする。医者によれば「マスクはしなければいけない」とのことだ。体質が変わった訳ではない以上花粉を吸わない方が良いに決まっている。鼻通りが良いからと安心して花粉を吸っていると下鼻甲介の粘膜は両鼻腔粘膜焼灼熱術前と同じ状態に戻るのも早いとのことであった。花粉を吸わない方が粘膜の状態は長持ちする訳だ。もう金輪際こんな手術は嫌なので長持ちさせたい。
 そこで今年は、鼻の中を洗うための道具を買った。「ハナクリーンEX」である。一昨日から使用しているが、確かに調子が良い。朝晩2回の使用後は、鼻の中が爽やかである。術後経過が好転したのと相まって、やっと苦しくて目が覚めることが無くなった。有難い!風邪の予防にうがいを薦められるが、此方の方がより効果的らしい。喉だけでなく、鼻から喉にかけての花粉・埃・病原菌を洗い流してくれるのだから、さもありなん、とも思う。知り合いに鼻炎の方が居て、その方は医者から薦められて毎日、生成食塩水で鼻を洗っているそうだ。生成食塩水を人肌に温めて、鼻から吸って吐き出すやり方である。この方は花粉症ではなくその他の物に対するアレルギー性で1年中鼻炎の状態が続くそうだ。シーズンオフがないので私達よりも大変である。然し鼻を洗うようになってから調子は良いし、風邪も引かなくなったとの事である。
 私も数年前のシーズンにやったことがあるがこれは効く!然し暫くやらないとコツを忘れて、やれなくなってしまう。失敗すると鼻の奥が痛い、プールや海で鼻から水を飲んだときの痛さである。
 これを比較的簡単にやれるようになるのが「ハナクリーンEX」である。これでもう「一年中鼻の通るいい男」だ!


 さて話は変わって久し振りに一寸ギターの話である。
 ギターの弦はよく換えるのだが、今回初めてYD-404にD'AddarioのEJ-17を張ってみた。今迄私はライトまでしか使ったことはなかったが初めてミディアムに挑戦である。私の軟弱な指は耐えられるのであろうか?昨日、1時間ほど弾いてみたがまあ何とか成りそうではあるが、矢張り痛い。元々下手だがハンマリングオンやプリングオフは、余計にやりにくい。バレーコードも少々辛い。然し暫く使ってみようと思う。指力を鍛えるのだ!指力を鍛えればもっと軽く弾けるようになる!と思うんだけどなあ〜。

 先月は、当てがない訳ではないが資金を顧みずヤフオクで競った。それも2回。そして負けた!まあ資金を顧みていないのだから負けて良かった気もするが、矢張り悔しい!物はYF-201YD-302、共にオールドS.Yairiである。
 安物、と云えば安物だがYF-201は仲々出てこないし、第一もっと安いYF-200が侮れないギターなので此奴も侮れないであろう、と思う。YF-201は、本当に欲しくていつかは手に入れたいと思っている。
 YD-302は、型番だけ見れば何を今更、と思うが、あにはからんや商品詳細情報によれば昭和45年又はそれ以前の製品と思われた。70年代半ば以後の物とは一寸違うのである、と思うのである。「最終フレット型番・印字茶 3Pハカランダバック べっ甲セル ネックバインディグ無し」の条件を満たしているようなのだ。どうも色んな情報を鑑みるととても出来の良いギターである可能性が高いように思われる。一度手にしてみたい物だ。
 然し両方とも競り負けた!嗚呼悔しい!

|