September 28, 2009

秋にも「わたかの荘」

2009年9月24日
 あかねもすっかり哀しみを忘れ、立ち直ったようなので、4月に行って大変美味しい且つ楽しかった「わたかの荘」に行ってきた。
 まずは船に乗って島に渡る。
File0000
 あかねも船に乗るのに少し慣れてきたようで落ち着いている。
 宿について直ぐ島唯一の海水浴場パールビーチに行った。File0001

 この日は真夏日で暑かったので、妻は高速を下りてから伊勢のイーオンによって水着を購入し、久しぶり!本当に久しぶりの海水浴をした。あかねは前回の「勢い余って海にドッブン事件」に懲りて波打ち際近くまで行くが、かなり警戒した様子で波の来るところまでは行かなかった。その代わり走った。
File0002
 この日もよく走った。持って行った水をがぶ飲みしながら全速で走りまくった。いい加減疲れたところで宿に戻って一休み。
File0003
 そうこうするうちに夕食である。前回も大変美味しく、海の幸を堪能したが、今回も堪能した。
 File00035
 お刺身のアップもどうぞ。
File0004
File0005
 もうどーーーーーーん!!!ってな感じでしょ。美味しかった!そして食べきれなかった。(すみません\(TT。)ハンセイ・・・) 酒飲みの私がお酒も入らないほどお腹もいっぱいになり、部屋に戻って一休み。
File00055
 何かあかねはいつも私の傍らで寝ているようだが、実際には妻の傍らで寝ていることも多い。そんなこんなで消灯。

2009年9月25日
 朝は、まず散歩からだ。お宿の桟橋にいるところを部屋から撮って貰った。
File0006

 そして午前八時朝食の時間が来た。
File0007
 4月もそうだったかが、この宿の卵は美味しい!ここしばらくの私たちの生活としては実に立派な朝食であった。此の処ダイエットしているので朝はソイジョイだけが普通になっているのでこんなに出てくると少々逆上してしまう。そしてやはり食べ過ぎた。と思っていると。あかねが「少し運動しに行きませんか?」とこちらを見ている。
File0008
 と云うわけでパールビーチにて腹ごなしとなった。
File0009
 この日も暑く、あかねは水をがぶ飲みしつつ走った。然しやはり暑い。
File0010
 10回ほど走っては日影に入り、水を飲む娘を私にまかせて、妻は本日も海水浴。そして土左衛門の真似。
File0011


 帰りはおかげ横町により、この日の夕食のネタを仕入れた。
File0012
 買ったものは、キスの干物、緋扇貝、何方も美味しい!
 そしておかげ横町は招き猫祭の最中であった。
File0013
 こうしてあかねの傷心を癒す旅と、意味づけられたあかねには少々迷惑だったかも知れない旅行は目出度く終了した。
 イヤー美味しかった!

|

August 15, 2009

レス・ポール死去

 偉大なギタリストであり発明家であったレス・ポール氏が亡くなった。享年94歳、合掌

 2002年9月2日 私と妻は、ニューヨークのジャズクラブ《Iridium》彼の演奏を聴きに行った。当時87歳!本当に楽しくて、観客聴衆を幸せにしてくれるパフォーマンスだった。下の写真はその時に買ったT-シャツにしていただいたサイン(当たり前だが、ちゃんとレス・ポール氏ご本人にだ)とご本人と私のツーショット!演奏中のレス・ポール氏
09030012b

Lesporl02

Lesporl01


 昨年、彼のDVD「レス・ポールの伝説 コレクターズエディション」を買った。これも素晴らしかった。楽しい、面白い、興味深い、エンターテイメントとしても楽しめ、ギター好きはそちら方向で尽きぬ興味が湧き、Recording技術に関しても底知れぬ感動がある。本当に面白いのでご興味のある方もない方も一度御覧頂きたい。彼が如何に多くのギタリスト、レコーディングに影響を与え、それが現代に繋がっているかよく判ります。

 ご興味のある方は、レス・ポール氏のウェブサイトhttp://www.lespaulonline.com/を御覧下さい。


 話は愛娘のことに変わります。
 彼女は少しずつ元気を取り戻しつつあります。一昨日くらいから少しですが、自分からご飯を食べるようになりました、今もまだ強制的に口に入れている方が多いくらいですが。
 身体はほぼ元気で、大好きなボール投げをすると大喜びで走ってます。もう少しで以前の元気を取り戻してくれると思います。

|

April 25, 2009

わたかの荘に行って来ました(^ヘ^)v

 先週の16(木)17(金)に志摩・的矢湾に浮かぶわたかの島に行って来ました。
 「わたかの」は「わたか」のだと思っていたら「渡鹿野」であった。まあそれは兎も角。何はともあれ「わたかの荘」だ。
 わんこと一緒に泊まれるお宿として一部で大変有名なところだ。理由は「ご飯が美味しい!!」本当に美味しいが、まっそれは後ほど。

 まず余り乗り気では無さそうなあかねを車に載せ伊勢志摩を目指した。
Img_3953b

 途中、SAで軽い昼食をキリン“Free”と共にとって走った。
 処でキリン“Free”!仲々良いです。許せる味です。天気の良いお昼のドライブ「昼食と共にチョイとビール」と思ったとき、これいけます。アルコール0%!!!コーラなどの甘い飲み物や何となく頼りないお茶で誤魔化していたこれまでが嘘のようです。これからは気楽にFreeです。
 話は戻って伊勢についておかげ横町を散歩、そして記念撮影。Img_3954b
 矢っ張り「赤福」でしょう、私たちは食べないけど。そして五十鈴川の川縁を散策。
Img_3962b
 川縁のとうふ料理屋の入り口にお友達発見。
Img_3963b
 その後もひもの屋を覗いたりして、おかげ横町を堪能した。
 「ひもの塾」の秋刀魚の丸干しが大変美味しいので翌日買って買えることにした。

 船着き場について、少々ビビッているあかねを無理矢理船に乗せ、わたかの荘へ付く。
Img_3974b
Img_3978b
 建物は少々古いが仲々居心地は良いお宿だ。新しくて綺麗なところより落ち着く。畳のお部屋も良いなあ。わんこ連れだと少々畳を傷付けないかと気になるが、ここは割と気楽だ(決して汚いとか、傷つけても平気というわけではない)。この島は、鶯がよく啼いている。鶯が島のあちらこちらで綺麗な声を聴かせてくれる。それも嬉しい。
 -鶯と ひねもすのたり 志摩の海-
 -鶯の 声も爽やか 潮の風-     犬の足跡

 少しだけ休んで浜へ出た。
 Img_3984b
 あかね大喜びで走る!車の中で窮屈だったストレスを一気に発散!走る!!
Img_4011b
 勢い余って海に突入!!
Img_4015_bb
 「わちゃちゃちゃちゃ!どないしょ~(@_@)」と言った気持ちだったようでこの後固まってしまった。妻が呼んでも全く動かず一点を見詰めてじっとしていた。Img_4021b

 妻に抱きかかえられて海を出、近くの水道でざっと塩水を洗い流した。割と最近美容院に行ったばかりだったので毛が短くて良かった。
 その後は風で乾かそうという意味も込めて、近くの原っぱでボール遊びをした。
Img_4044b
Img_4074b
 まあ適当に乾いた後は志摩を散策して乙姫様になったりした。Img_4127b
 そんなこんなの後、お宿に帰った。この日の「わたかの荘」には二組がお泊まりでした。Img_4130b
平日は泊まり客が少ないところも良い。宿は儲からないが、客が少ない方が静かで気楽で、のんびり出来る。Img_4136b畳は落ち着くねえ~(^。^)


あかねは走って、海にも入って、又走って、静かな部屋に帰ったら妻のお腹にくっついて寝てしまった。Img_4141b


 さて《大変美味しい》と評判の夕食だ。Img_4145b
 どうです!Img_4146b伊勢エビ!
Img_4147b河豚に蛤、緋扇貝!
 どれもこれも大変美味しゅう御座いました\(^_^)/ヤッタネ。私達は普通のコースで「伊勢エビ満腹コース」や「三重のうまいもん食べ尽くしコース」ではなかったが、充分堪能いたしました。伊勢エビのお造り、伊勢エビのボイル、これで伊勢エビは充分でした。きっと「伊勢エビ満腹コース」は伊勢エビを一生食べなくても済むくらいでるのではないだろうか?次に行ったときも是非食べたいのでこの日の量で私達には充分です。本当に美味しかった。小さいとは言えすき焼きも付いてるし(このすき焼きを付けて食べる卵が実にうまい!!)、もうスッカリ三重の美味いもん堪能です!御馳走様でした。唯一残念なのがビールがドライだったことだ。(゚ペ)ウーン キリンの方が美味しいのになあ~(;´_`;)Img_4150b
 さて程々に呑んでお部屋に帰って早々に就寝、お休みなさい。

 さて翌朝のご飯です。Img_4153b
 これも美味しかった!伊勢エビの頭の入ったお味噌汁。その他美味しい物色々、そしてデザートはスイカ。昨夜の卵も美味しかったが、この日の目玉焼きも美味しかった。この島は、海の物だけでなく卵も美味い!この卵は買って帰りたいくらい美味しかった。
 さてもう一組のご家族、前田さんちのハリー君です。静かで良い子だった。又どこかでお会いしたら、宜しくお願い致します。Img_4158b
ハリー君は、夏に高山わんわんパラダイスに行く計画を練っているらしい。

 まだまだ時間はあるし、と言うことで昨日の原っぱへ行って、ボールとフリスビーで遊んだ。Img_4163b
Img_4235b

 最後に記念写真を撮って渡鹿野島とお別れした。Img_4282b
 わたかの荘には立派なドッグランもある。観光客の多いときは浜を走らせるわけに行かないのでこちらで遊ぶことになる。ここは勿論海に浸かる心配はない。
 わたかの荘の皆さん、ありがとうございました。ご飯、本当に本当に大変美味しゅう御座いました。又行きます。必ず必ずアイ シャル リターンです。
 船が見えなくなるまで腕も千切れんばかりに振り続けていただき誠にありがとうございました。


 さて昨日の約束の通り、ひもの塾へ行き、秋刀魚の丸干しと鰯の丸干しを買った。そして鈴木水産(鳥羽駅とは同名別会社)で緋扇貝とセル牡蠣を買って帰り、夜はスパークリングを飲んで帰宅してまで伊勢志摩を堪能しました。
 本当に美味しい2日間でした。御馳走様でした!すべての美味しい物に感謝!


|

December 31, 2008

本年の推薦本

 2008年は67冊の本を読んだ。まあ大した読書家とは言えないが、そこそこは読んだ方かも知れない。
 その中から何冊か特に面白かった物を今年の推薦図書とさせて頂く。
 今年のベスト3,というのは仲々難しいが、高野秀行「ワセダ三畳青春期」、同じく高野秀行「アヘン王国潜入記」、ソノオーサト「踊る大紐育―ある日系人ダンサーの生涯」としておこう。
 この三冊は是非多くの方々に呼んでいただきたい。
 その他次点としてジョージ・マーチン「ビートルズサウンドを創った男-耳こそすべて」、永井路子「岩倉具視-言葉の皮を剥きながら」、植木等「夢を食いつづけた男-おやじ徹誠一代記」、渡辺照宏「日本の仏教」辺りを上げておきたい。

 他にも面白い本が大変多かった。大変良い読書の出来たラッキーな年だったなあ。推薦理由は皆「面白かった」からに尽きる。是非御一読願いたい。

|

2008 年末駆込更新 其の弐

10月28日&29日 姫路&神戸の旅

28日
 岐阜から一路姫路へ。
 そもそもテレビを見ていたとき姫路城が映った。妻曰く「私姫路城って見たことないなあ」「じゃあ行こうか?」と云うことで突然姫路&神戸に行くことになった。神戸にはわんこと一緒に泊まれるホテルもあるし。

Img_2912_j_himeji02_hime
最初は姫路城を見て帰るつもりでいたが、入場口まで行ったら係のお姉さんが「かごに入れて貰えればワンちゃんも一緒に入れますよ。かご、お貸ししますよ。」と言うではないか!然らばこんな時のために旅行に持ってきているあかね抱っこショルダーを出し、姫路城の天守閣を目指した。
Img_2906_i_himeji01
 流石姫路城、と言うか昔のままのお城は階段が急!妻は結構大変だった。然しまあ娘に国宝姫路城の天守閣から下界を見せられて何となく嬉しかった。城から出てきたところでお姫様に遭遇!記念撮影!
Img_2919_k_himeji03_hime


 姫路城を堪能した後は神戸のホテルにチェックインし、夜は南京町へ夕食を食べに行った。
Img_2940_l_china
 ここは、妻が事前にインターネットで調べておいたお店で、わんこ連れでも外のテーブルならばOK、という有難いお店だ!だがよく見れば外のテーブルは多くのお店にあり、多分どこでも断られることはなかったんじゃなかろうか?とも思う。然し此処は大変美味しいお店でもあったので、御犬様をお連れの方はこちらのお店がよろしかろうと思います。


 さて翌日は好天に恵まれた。
 宿泊した北の坂ホテルは異人館に大変近く。朝、散歩がてら異人館を回った。
Img_2969_m_ijinkan

 天気は良いし、港は気持ちが良いし、と上機嫌の馬鹿親二人は、その勢いで神戸港周遊船に乗った。ここでも「ワンちゃんもご一緒にどうぞ!」の呼び込みがあり、全体に神戸は犬連れに優しい街だ、と言うことになり妻は「(宝くじが当たったら)神戸にマンションを買うぞ!」と意気込んでいた。
Img_3004_n_fune


 いやー本当に神戸は楽しかった。

|

2008 年末駆込更新 其の壱

9月28日&29日
 昨年に続き鳥羽わんわんパラダイスに行って来た。
 ホテルに車を置いてまずは、「さざえの店 鈴木水産」へ直行!
Img_2580_b
矢張り美味い!鳥羽へお越しの際は是非お寄りいただきたい。

 ホテルに戻って一服
Img_2686_c
鳥羽湾(?)を眺め、夜のゲームに備える。
 今年も又被り物だ!
Img_2699_d


 さてよく寝た翌日は、残念ながら雨であったが、鳥羽水族館はカートに入れるなり、抱っこするなりすればわんこも入場OKと云う事なのであかねを鳥羽水族館に連れて行った。
Img_2750_e
 ここで記念撮影。係のお姉さんはテキパキと「ハイお母さんは、抱っこして下さいね」「お父さんはこれ持ってね」と手早く指示を出し、はいポーズ!


 あかね、アシカと遭遇の図
Img_2751_f_asika

 あかね、初めてのかわすそ君を見るの図
Img_2763_g_kawauso

 アカネ、伊勢エビとにらめっこの図
Img_2868_h_ebi
ちなみにこの伊勢エビは帰ってきて、美味しく頂きました。御馳走様

 そんなこんなであかねは少々疲れたらしい。然し馬鹿親二人は大変楽しい2日間でありました。

|

May 24, 2008

高山わんわんパラダイス

先週も投稿したように高山のわんわんパラダイスに行って来た。遅くなりましたがご報告です。

5/12
 11:00頃にノンビリ出発して、途中美濃の道の駅「美濃にわか茶屋」によって昼食。
Takayama_01

 その後ものんびりとせせらぎ街道を走り16:00頃高山市丹生川町にある「わんわんパラダイス」に到着。早速旅の荷物を解きお部屋で寛ぐ。
Takayama_02

 ここは部屋風呂もあるが岩風呂・檜風呂・大理石風呂など露天風呂が別棟になっていて非常に充実している。しかもその中にはわんこ専用浴槽を備えた個室風呂が2つもある。今回は美容院に行って可愛いリボンを付けたばかりだったのであかねはお部屋でお留守番であったが、次回は是非とも一緒に入りたいものだ。

 そして夕食は勿論あかねも同伴だ。
Takayama_03
 ハッキリ言ってご飯は美味しい。

 ホテルのロビーは吹き抜けになっていて気持ちが良い。
Takayama_04

 家からここまで車の中で殆ど寝なかったあかねはもうスッカリヽ(^○^)ノファーーァ!眠むだ。普通は車の中でもよく寝るのに、何故かこの日は寝なかった。一寸興奮気味でもあった。旅行にワクワクしてたんだろうか?この親どもはどこへ連れて行くんだろうかと不安になり、おちおち寝ている気分ではなかったのか?その辺は謎。
Takayama_05


2日目
 さて翌朝ロビーにて記念撮影。
Takayama_06

 わんパラには近所の観光スポットでわんこ連れOKの処のパンフレットがあり、場所によっては記念品のプレゼントまで貰える。この日は飛騨大鍾乳洞に行った。
Takayama_07
 これはあの有名な盗まれて戻ってきた金塊。飛騨大鍾乳洞に併設されている美術館に展示されている。

 あかねが入ることの出来ない美術館は適当に済まして、いざ鍾乳洞へ!
Takayama_08
 あかねは「全くこの親どもはどこに連れてくるんだ、こんな水は落ちてくる、暗い、急な階段はある、そんな処へ来て何が楽しい!私に対する嫌がらせだわ!」と思ったのか、出口に向かって引っ張る引っ張る。私達はそんなことは気にもせず記念撮影。
Takayama_09

 鍾乳洞の後昼食をどうしようかと考えつつ、彼方此方を走ったが結局サンドウィッチなんかを買ってきて部屋で食べた。
 一寸ここで高山わんわんパラダイスのご紹介。
 国道から敷地内にはいると林の向こうにお洒落な建物が見えてくる。
Takayama_095
ホテルの玄関も仲々感じが良い。
Takayama_10
Takayama_11
 そして敷地内にはせせらぎが流れ
Takayama_12
敷地内のワンちゃんお散歩コースを歩いていても仲々気持ちが良い。しかも車にひかれたりする心配もないので安心だ。但し小道の小石が肉球に挟まると痛いらしい。あかねがびっこを引くので「どうしたー!」と思ったら肉球の間に小さな石が嵌って痛かったらしい。その当たりは飼い主が一寸気を付けないといけない。
Takayama_13
 敷地内にあるドッグランは結構な広さがあって、もう走りたい放題なのだ!!
 だが砂地なのでボール遊びなんかをすると口の中がもう砂だらけになって大変。
 時期が上手く合えば敷地内で蕗の薹などの山菜も採れる。私達は一寸育ち過ぎかなあと思いつつ蕗の薹を採ってきて、帰宅後蕗味噌にしたし、土筆だって敷地内で採って卵とじにしていただいた。


Takayama_20
 此方のトイプードルはあかねではなく。ここ高山わんわんパラダイスの看板犬“アップ”ちゃん。何とあかねと誕生日が2日しか違わない。inuの誕生日なんてきっといい加減なものだから、もしかしたらあかねも兄弟かも知れない。等と思ったりする。よく似ているんです、これが。


 さて二日目の夜も美味しいご飯を食べて、お腹が満たされた。ご飯が美味しいと機嫌も良くなる。嬉しい!
 機嫌が良くなった序でにロビーの奥にあるバーの馬の彫刻にあかねを載せてみる。
Takayama_14
 「全く馬鹿親は困ったもんだ」とあかねは思ったに違いない。

 此方の可愛い子は富山から来ていた小雪ちゃん。とても小さな子で何時も超美人のお母さんのお腹のポケットに入っていて、カンガルーの子供のようであった。それでももう7歳だそうです。
Takayama_15_koyuki

3日目
 名残は尽きねど最終日である。この日は残念ながら朝、雨が降っていた。あかねはアヒルさんのレインコートを着て朝の散歩に行って来た。夜中は結構降っていたが、小雨になったところを狙っての散歩であった。そのまま朝ご飯へTakayama_16


 朝ご飯を食べて、なんやかやとしていたら陽が出てきたので最後のホテル敷地内散策
Takayama_17


 チェックアウトもゆっくりなのでのんびりホテルを出て高山美術館のマッキントッシュティールームにて昼食。ここも屋外ならばわんこ連れでもOKなので有難い。
Takayama_18
芝生のお庭にはブランコもあるTakayama_19


 そんなこんなでのんびり家に帰ってきた。

|

December 17, 2007

西川流日中文化芸術交流

 昨日は、北京中央民族大学にて「日中国交35周年記念国際文化芸術交流」公演であった。会場は当初学内の舞踊・演劇等の公演をするホールを使用する予定であったが、先週辺りにどこかの大学のそう言ったホールで火事があり、消防当局より「何処の大学の舞踊・演劇等に使用するホールも当局の検査点検の終了するまで使用は罷り成らん」とのお達しがあったらしく使用不可となり、コンサートホールでの公演となった。
 これで舞台の飾りが大変更になった。コンサートホールには幕を吊ったり、仕掛けを吊って揺らしたりするに耐えるバトンが一つもないんですよ!と云う訳で「鷺娘」と「釣女」の背景幕Cut!「鷺娘」の雪カゴCut!折角持ってきたのに使用出来ず、残念_| ̄|○   雪カゴなんかこの為にスーツケースに入る携帯用を作って持ってきたのに嗚呼残念_| ̄|○
 然し舞台は好評であったし、中国の学生の踊りもかなり面白かった。
Curtaincall

写真はフィナーレの様子。


 本日は、北京日本人学校での公演だった。此処では最初から背景幕も雪カゴも諦めていたが、舞台に行ってみると雪カゴは何とか使えそうだったので使用することに決定!「鷺娘」の幕が開き、紙雪の降るのを見た生徒・児童から少なからぬ歓声が上がった!ヤッタネ!\(^_^)/これでこそ持ってきた甲斐があった。
 こちらの公演も勿論成功であった!と思う。その筈だ。間違いなくそう言った反応であった。

 もっと詳しいことは後日ホームページの方で公開いたします(予定)。先ずは何とかそれなりに無事に終わって良かった。関係者の皆様お疲れ様でした。有り難う御座いました。

|

September 11, 2007

宮崎と鳥羽旅行 他諸々

今月初めての更新!

 9月は、4&5日と宮崎へ行って来た。

 その話の前に先月26日であかねが我が家にやってきて1年になった。「おめでとう!」と云う事で家族だけの細やかなパーティを開いた。
 あかねにも私達と同じラムステーキだ。
Img_0643b_07

美味しそうに食べてたが、流石に一寸大きいようなのでImg_0647b_07
小さくCutしてやった。
Img_0651b_07

食後の満足げな顔を御覧下さい。Img_0655b_07

 さて話は宮崎です。宮崎県芸術劇場舞台技術講習会の講師に招かれた。内容は「日本舞踊の照明について」がメインで4・5・6日の3日間開かれた。照明だけで3日間は講師も受講生も一寸辛いと云うことで音響について話して欲しいと云うことでその内5日の午前の部90分を担当させていただいた。照明家が対象なので音響家の私が何を話して良いかよく判らない儘というか、決められないまま9月に入ってしまった。困った揚げ句「三味線音楽の歴史・・・・の様な物も含めて90分」と題してお話しさせていただいた。内容は大陸からの音楽(楽器も含めて)流入と仏教の到来と民衆化に伴う語り物(節談説教に始まる語り物)の発達と歴史、そして明治以降の西洋音楽の流入で誕生した新しい三味線音楽。と云ったところです。イヤー実に荒っぽく駆け足で詰まらぬ話を交えながらお話しさせていただきました。言い忘れたことも沢山あったし、間違ったことも云ったかも知れません。興味を持った人はご自分で改めてお調べ下さい。調べれば調べるほど面白いことが発見できると思います。
 受講生の皆さんの役に立ったかどうかは不明だが、講義終了後「面白かったです」というご感想を頂いたので「良し」としよう。
 講義終了後、宮崎県芸術劇場のKさんに一寸した観光に連れて行っていただいた。午後の講義を聴こうと思ったんだけど「照明が仕込みをするだけとのことで見ることもないでしょ。」と云われ、まあそうかと思い、観光にお連れいただいた。神話の国“宮崎”とは余り関係のないところだが、綾の照葉大吊橋(長さ250m・高さ140m)。
Vfts0095
Vfts0096
Vfts0099
Vfts0100
橋の途中にはスリットが入っていて下を見ると一寸怖い。
 もう一ヶ所雲海酒造の「酒泉の杜」にもお連れいただいた。硝子工芸所があったり、焼酎、日本酒、ワインの試飲も出来る。勿論購入も出来る。日本最南端の酒蔵だそうだ。


 さてここからが本日のメイン記事です。
 一寸遅めの夏休みを取って、あかねを連れ「鳥羽わんわんパラダイス」に行って来た。
 9日日曜日まあノンビリ目に家を出る。途中夫婦岩によってあかねに海を見せる。
Img_0689b_07
あかねは坂本龍馬張りに「日本の夜明けぞ!」とは思っていないと思う。「磯臭いぞー!」と思っていることだろう。あかねにとっては始めてかぐ海の香りだ。記念撮影。Img_0687b_07
夫婦岩をバックに家族全員で記念撮影。Img_0677b_07

 そこから間もないところに“鳥羽わんわんパラダイス”はある。Img_0709b_07

 チェックインまで時間もあるし、お昼がまだだったので、車をわんわんパラダイスに置いて、鳥羽駅付近に行って昼食、大アサリ・蛤・岩牡蠣・ヒオウギ貝を焼いて貰って、ご飯とビール!Img_0703b_07
これが実に美味しかった!鳥羽にお越しの際はご賞味あれ。私達が入ったのは此処“鈴木水産(0599-26-2929)”。Img_0708b_07
タレが良い。

 チェックインを済ませ、Img_0713b_07
 あかねによるお部屋チェックも済み、暫し微睡んだところで、夕食。
Img_0716b_07
 此処はその名の通り“わんわんパラダイス”でわんこも一緒にレストランへは入れる!素晴らしい!わんこメニューもある。あかねにはこの日「サツマイモのモンブラン」を取ってみた。Img_0719b_07
 最初は喜んで食べていたが、私達の小鍋しゃぶしゃぶの肉が来たら「甘いもんなんか喰ってられっかー!」と云う気になったらしく「肉頂戴(э。э)bうふっ」攻撃に出て、甘甘の私達は肉を食べさせた。あかねは満足したようだ。Img_0736b_07


 食後は、愛犬サロンなるところに行き他のわんことゲームをやったりして楽しんだ。ゲーム中は写真を撮ってられなかったが、始まる前、終わった後は記念撮影で大いに盛り上がった。
Img_0739b_07
初被り物。

Img_0745b_07
Img_0747b_07
Img_0749b_07

 部屋に帰った時にはあかねは疲れ切っていた。Img_0756b_07
イベント盛りだくさんであった。

 さて明くる10日
 朝食も矢張りあかねと一緒にバイキング。Img_0758b_07
Img_0762b_07


 食後の休憩の後、屋上のドッグランで走る。Img_0768b_07
走る!!!Img_0787b_07

そして走る!!!!!!Img_0789b_07


 走った後は水泳だ。Img_0817b_07

最初は全く泳げそうもなかったが、救命胴衣を付けて、母の指導で泳げるようになった。Img_0822b_07
 やっと水泳特訓も終わった。
Img_0827b_07


と思ったら、今度は救命胴衣なしで泳げ!とスパルタの母がプールに連れ戻す。
Img_0842b_07


 やっと特訓も終わり昼食。Img_0849b_07
 昨日と同じお店で同じ物!それほど美味しかったんですよ。あかねはあきれ顔だけど。

 その後、部屋に戻って大変まったりした後夕食。Img_0854b_07
本日あかねは「わんバーグ」を頂いた。結構美味しそうに食べていた。

 夕食の後は再び愛犬サロンでお友達と遊ぶ。Img_0862b_07
然しこの日は参加家族が少なく記念撮影で終わってしまった。
Img_0868b_07

 夕食後の愛犬サロンでのゲームは大変楽しいので“鳥羽わんわんパラダイス”にお泊まりになった際はご参加頂きたい。本当に楽しいですよ。


 本日は朝から待ったり気味に記念撮影をしてImg_0877b_07
帰ってきた。

 車中あかねはよく寝ていた。Img_0886b_07

 しかし何であんなによく寝ているのにサービスエリアやパーキングエリアに入ろうと左にハンドルを切ると泣き叫ぶのであろうか?インターチェンジを出る時は何とも反応しないのに不思議だ。

 然し楽しい3日間であった。

|

April 07, 2007

あかねとお花見

城跡の 土手より眺む 櫻花
Cimg1826


 昨年行って気に入った加納城址へあかねと妻と3人でお花見に行って来た。場所は昨年と同じ土手の上で桜が目の前にあり、手の届きそうなところだ。実際に触ろうとすると「触らば落ちん風情なり」で落ちるのは私の方だが。桜を見るのに見上げる必要が全くないのでお弁当を食べつつ、ビールを呑みつつ、首が疲れることなくお花見が出来る。またすぐ近くのコンビニでビールも売っているので重たい思いをして持って行く必要もなく、よく冷えたビールが飲めるのも素晴らしい。
Cimg1831b

 お弁当を食べてビールを呑んだ後は、中央の広場であかねを走らせてやって帰ってきた。

Cimg1832


 昨年は妻と二人だけであったが、今年はあかねも一緒に家から歩いていった。因みに往復で約16,000歩程である。一寸した小旅行とも言える。帰ってきたら全員昼寝となった。

|