May 20, 2006

梅雨でもないに

 全く梅雨に入った訳でもないのにこのところよく雨が降る、今日は晴れているが。
 雨自体はまあ良いとしても、折角咲いた薔薇の花が散ってしまうので困る、と言うか一寸悲しい。薔薇の花の中に雨が溜まって花は俯いてしまうし、雨水の重みで花弁は開き落ちてしまう。雨さえ降らなければ我が家の屋上は薔薇の花に満たされて大変幸福な景色になるのに、残念である。まあそれでもよく咲いているのではあるけれど。満開まではもう少しかかる。何とか暫くは好天が続いて欲しい物である。

 さて今日はお休み!と言うわけでギター三昧である。まずは弦の張り替えだ。EJ-160Eの弦を張り替え一寸弾いた。矢張り新しい弦は良いなあ。私のEJ-160Eはナットもサドルもブリッジピンも交換してある。ナットとサドルは何と象牙!そしてブリッジピンはタスクである。Originalの時の音は大変安っぽく、それはそれでチープな魅力はあったのだけれど、ブリッジピンとサドルをタスクに換えたところ結構音に迫力が出てきた。そこで試しにナットを象牙にし(自分で削った)、ナットを買う序でにサドルも象牙を買い、交換した。この仕様にしてからというもの暫くはこのギターばかり弾いていた。もう大変迫力が出て、Gibsonっぽい音になったのだ。ジャリジャリした音、って奴ですね。弾いていて気持ちいい!勿論ストローク向きである。EJ-160E は Epiphone製であるが、EpiphoneはGibsonに吸収されてしまっているのでGibson製とも言える。第一本家GibsonのJ-160Eのトップは合板だが此方は単板である。そう言う意味では鳴りが良い筈である。合板より単板の方が良い、とは一概に言えないがまあ概ねそうである。昔のS.YairiのYF-200のように合板でしかも(S.Yairiでは一番の)安物だが大変立派なギターもあるので合板と雖も馬鹿には出来ないが、まあ概ね単板の方が良い。(本家J-160EのTopが合板なのはハウリング防止の為らしい、ちゃんと理由はあるのだ。それでなければあんなに高いのに合板はみんな許してくれないだろう)
 話を戻して、そんなこんなで我が家のEJ-160Eは大変よく鳴り、且つ響きも良いのである。ナットは面倒かも知れないが、EJ-160Eについてはサドルとブリッジピンを交換することを私はお薦めします。EJ-160Eをお持ちの方は一度お試しいただきたい。絶対良くなるから。ナットも本当に安物のプラスチックだから交換した方が良いけどね。

 もう一本弦を換えた。YD-302-12である。12弦ギター!ハッキリ言って超面倒臭い!弦交換は兎も角として、チューニングに時間がかかる。それでも最近はヘッドに挟んで使うチューナーを使っているのでまあ気になる程ではないが、音叉とハーモニクスだけで調弦していた頃は本当に大変だった。合わせても合わせても狂うのである。今よりもっと知識の無かった頃は何でこんなに合わないんだろう?合わせた弦がどうしてこんなに狂うのだろうと思っていた。今から思えば当然である。6弦のギターでさえ最初に合わせた弦は、最後の弦を合わせたときには狂っている。それは弦を張ることでネックが起きてサドルとナットの距離が若干縮まり、弦は緩くなるので当然音は狂う。6弦のコンパウンドでもそうなる。コンパウンドを張ったときにギターに掛かるテンションは55.2kg、たったこれだけのテンションでもネックは少し起きるのである。益して12弦で私が使っているEJ-41のテンションは99.76kg!ネックにかかる負担は大変な物である。その分調弦は大変なのだ。
 然し昔YD-302-12の調弦が面倒臭いからと言って弦を張ったままにしていたが、ネックは何となっていない。昔のS.Yairiは、ネックが永久保証だったが、本当に立派なものだ。何で潰れちまったんだようー!まあ詮無きことではあるが、勿体ないことである。

 本日私のサイトの掲示板に書き込みがあった。その方は中日新聞の佐藤正明氏の漫画を検索していてこの「inuの足跡」にぶち当たったらしい。どうもその方もギターなんかにご興味があるらしい。インターネットでも矢張り、同じ様な魂は呼応して呼び合うのだろうか?因みに佐藤正明氏はK.Yairiをご愛好しているとのことである。
 顔は見えないがインターネットを通じての知り合いも少しずつ増えてきている。同好の士は矢張り呼応して集まるものらしい。

|

March 23, 2006

嗚呼、腹が立つ!口をきくのが嫌なら仕事なんか辞めちまえ!!!

 本日は実に腹立たしい!客と口をきくのが嫌ならば仕事なんか止めちまえ!!!タクシードライバー!!

 と云うことがあったのですよ、皆さん!

 本日少々遅くなったのでタクシーを使ってコンビニによって帰宅した。
 JR岐阜駅北口からタクシーに乗って「近くて申し訳ないですが、柳ヶ瀬の素材屋の前までお願いします。」と云った。タクシーの運転手は何も言わず只舌打ちをしただけだった。非道い!これが客商売をやっている人間の態度か!全くどうしようもない!何処の会社、と書きたいところだが個人タクシーなので書き様がない。この大馬鹿運転手は「有難う御座います」などと云うはずもなく、無言のまま金を受け取った。確かに長い間駅前で客を待ち、そのあげくに700円ポッチじゃ嫌になるだろう。やってれないで有ろう。然しそれでも商売だろう!行き先を告げられれば「はい」、お金を貰えば「有難う」くらいは謂うべきであろう!私はそう思うぞ!私が間違っているなどとは誰にも言わせんぞ!
 しかもこのタクシーの運転手は、岐阜のタクシー組合だかなんかが優秀な運転手として認定した人に与えられる「マスター」の行灯を屋根に乗せている。これからも判るようにあんな物は何の意味もない!只のお手盛り、自己満足の仕様もないサインである。
 大体JR岐阜駅北口からタクシーに乗ると7割位はハズレである。私の当たりが悪いのかも知れないが良い運転手さんに当たることの方が少ない。時々良い運転手さんや腹を立てることのない運転手さんにも当たるが7割方は嫌な思いをさせられる。名古屋でこんな事は滅多にない。岐阜のタクシー業界は大いに反省すべきだと思うぞ!

 責任者!何とかせんかい!

 然し今日の大馬鹿運転手は最悪であった。嗚呼腹立たしい!!!!

|

September 09, 2005

マスコミ ファシズム

 北京から帰ってきてから割と時間があって万博に行ったりしていた。意外と三井東芝館は楽しかった。私は髭があるので見つけやすい。

 さて最近は面白くない。ドラゴンズは波に乗りきれないし、衆議院選挙はマスコミファシズムとも言うべき異常報道で小泉の思惑通りに進んでいるようだし、あれって選挙違反にはならんのかあ
 「郵政民営化」だけで、中身をシッカリと吟味したかどうかも実に怪しい看板だけの浮かれ報道で今後4年間の国の方向を決めてしまって良いのか?この選挙を小泉首相は「郵政民営化に取り組む小泉政権の信任国民投票」と言っているようだが、「郵政民営化」のお題目だけに誤魔化されて「憲法九条」や「年金政策」、「赤字国債の乱発」等々まで彼奴の好きにさせて良いのか?みんな本当に「郵政民営化」の今回の政府案に凡て賛成なのか?マスコミ(特にテレビ)は、本当にちゃんと細部まで吟味してあの「郵政民営化」に賛成しているのか?その上で国民に敢えて説明する必要はないと考えたのか?又その根拠は何なのか?
 昔からマスコミは情報を操作するものだが如何にもみんなが同じ方向を向き過ぎてはいないか?マスコミの報道内容を取捨選択する自由は国民にはないのか?凡ての放送局、大手新聞は同じ経営者なのか?何故国会中継以外では小泉が馬鹿を丸出しにしている所を放送しないのか?矢張り「一億総白痴化」なのか?「造るも馬鹿なら、見るも馬鹿」なのか?

 嗚呼腹が立つ!
 「マスコミはファシズムだ!」
 もしそうでなければ誰かに踊らされて「日本はマス・ヒステリーの中にある!」
 「世も末」だね。取り敢えずこんな日本にしたのは自民党政権とその支持者だと思う。

|

May 01, 2005

中日新聞4月30日の漫画

chunitisinbun_ss02

この漫画は4月30日付中日新聞朝刊に掲載されてた佐藤正明氏の作品です。
我が家では大好評で、大受けでした。中日新聞の読者以外の方にも是非ご鑑賞して頂きたいので掲載致しました。

写真をクリックすると大きく表示されますので見難い方は是非大きくしてご覧下さい。

イヤー全くあの人は、昔から「ホンダラッタ ホーイホイ」の人だなーと思う。

|