July 13, 2010

目が開き、よちよち歩きし出しました。

 先週末くらいから目も開きました。
 アップの写真をどうぞ、今はこんな感じです。
Img_5284_1


 そして何とか四肢で立ち上がり、たまにですがヨチヨチ歩きで前に進むようになりました。
Img_5285_1


Img_5286_1


|

July 08, 2010

赤ちゃんの成長の写真

あかねの赤ちゃんのこれまでの写真を公開します。
まず1頭だけですが6月23日の生まれたての写真。
Img_5233_2


2枚目は、産まれて1週間目
Img_5238_2


3枚目は、産まれて12日目
Img_5266_2


最後に本日、生後15日目
Img_5273_2


写真では余り分かりませんが、生後2週間で体重は3倍以上になってます。あかねの出の悪い母乳だけで育ってます。大したもんだなあ。

|

June 25, 2010

あかねがママになりました!

 一昨日、あかねは、女の子1頭と男の子3頭を産みました。

 水曜日午前5時50分頃から出産が始まり8時50分頃には、三頭目の男の子を産みました。然しこのあとが長く最後の子、4頭目が仲々出てきません。余りにも長いので午後4時30分獣医さんに診て貰いました。いつものペットクリニックが休みだったので近くの動物病院へ。
 エコーで診て貰ったところ、どうも心臓が動いていないように診られる、とのこと。取りあえず陣痛促進剤とおっぱいが出るようになる注射、そして食が細いと入ったところ栄養点滴を打ってくれました。
 家に帰ってきて、夜9時過ぎやっと最後の出産が始まりました。産まれてきた子は、男の子で4頭の内で一番大きかった。然し矢張り息をしていなかった。あかねは、産むと直ぐに興味を失ったというか諦めた。でも臍の緒は自分で嚼みきったし、胎盤も自分で引きずり出した。偉い!もし体内で死んだまま出てこないとなると開腹手術の必要があったそうだから、死んでいたのは残念だが出てきてくれてよかった。本当に良かった。

 心配していたおっぱいも昨日の夜確かめたところ、8つの乳首のうち3つから出るようになっていた。まあ赤ちゃんの数と同じだけ出てれば取りあえず安心か。あとはあかねがご飯をちゃんと食べるだけだ。あかねは赤ちゃんを本当に大事にしているので、ご飯さえちゃんと食べて呉れれば何の心配もない。でも食べないんだよなあ~。
Photo


Img_5249

皆様、頑張ったあかねを褒めてやってください。そしてご飯を食べるの念を送って下さい。

|

December 31, 2009

大晦(おつごもり)

 年々一年が短くなる。
 まあこれは、頭の中にある時間の概念が絶対的時間ではなく「単に一つ」と捉えられているために10歳の時の一年は十分の一と感じるが、50歳になれば当然五十分の一と感じるわけで年々一年は小さく(短く)感じられるようになる。仕様のないことだ。

 昨日、妻が仕事をしている時間に粕汁を作った。先日新酒を買った時におまけで酒粕を頂いたので、寒くなったことだし、時間のある時に粕汁を作ろうと思っていた。その時間があったのが昨日というわけですね。
 具は人参、大根、蒟蒻そして鮭のアラ。思い立った処で近所のスーパーに行き、蒟蒻と鮭のアラを買ってきた。鮭のアラがなかったら塩鮭でもいいやと思っていたのだが、うまくアラがあった。今年は碌な事がなかったが、美味い粕汁の為にアラが調達できたことで何となく良しとしようかという気になった。そしてこの甘塩の鮭のアラが仲々いいものだったので本当に良かった。
 作り方は簡単、人参、大根を食べたい大きさに切って、水で煮る。蒟蒻も食べたい大きさに切って、湯を掛けて臭みを落として人参、大根の鍋に入れる。そこにこれ又熱湯を掛けて臭みが出ないようにした鮭のアラを投入する。後は酒粕を細かく千切って、水に浸して電子レンジでチンをしてから少し潰して鍋に投入する。適当に煮えた処へ(昨日は)白出汁少々、マルコメの出汁入り合わせ液味噌も少々いれた。これで気に入った味に調整して、更に煮込んで完成!妻には可成り好評であった。本当に身体が温まるので、冬には粕汁が恋しくなる。

 愛娘あかねを今はスッカリ元気になった。28日には堤防で60回ものボール投げをして走り回り、それでも飽きずにボールを投げろと言う。元気なものだ。
 29日には私の実家恒例の餅搗きに連れて行った。みんなに可愛がられて迷惑そうであった。餅を食べさせるわけにはいかないので、海苔をやったら喜んで食べていた。

 屋上のバラは、今年は植え換えではなく、鉢の上半分の土の入れ替えだけにした。何とか来年も綺麗な花を咲かせて欲しいものだ。植え換えた方が良いんだけど20数鉢もあると土の一部入れ替えだけでも仲々大変だ。マアコレで何とかなればそれに越したことはない。頑張れ!我が家のバラ族よ!

 さて今年は104冊の本を読んだ。私としては可成り多い方だ。こんなに呼んだのは学生時代以来ではないだろうか?特に9月に佐伯泰英の「古着屋総兵衛影始末」シリーズを読み出してからはペースがぐっと上がった。9月以後に読んだ本が50冊である。4ヶ月で約半分を読んでいる。面白かったのもあるが、簡単に読めてしまう、と言うこともある。ちょっと時間のある時だと1日1冊くらい簡単に読めてしまう。遅読の私がそうなのであるから普通の人なら2冊くらい簡単なのではないだろうか?今年はそんな作家に出会えた年だった。
 あまりにも簡単に読めてしまうので、これなら私でも書けるな、と思った。勿論錯覚だ。書けるわけがない。簡単に書けるくらいならとっくの昔に書いている。私は学生の頃、劇作家志望でもあった。書けないから作家には慣れなかった、まあその為の努力もしなかったが。然し「書ける」と錯覚していた時に、宮部みゆきを読んだ。私には到底書けないと思った。宮部みゆきは凄い!面白いし、文章もストーリーも云う事はない。

 では今年のベストスリーの発表です。

 第3位 宮部みゆき「かまいたち」
  私の錯覚、妄想を打ち消した作品。宮部みゆきの最初期の作品。これでこの出来!素晴らしい。まだ買ってきただけだが、宮部みゆきを来年は読むぞう!!徹底的に読むぞう!

 第2位 高野秀行「西南シルクロードは密林に消える」
  矢張り高野は面白い!もう無茶苦茶です。よく生きてるなあ!

 第1位 柳田邦男「零式戦闘機」
  プロジェクトXですね。技術者達の姿勢、思想、すべてに渡って素晴らしい。本当に面白かった。こういう内容の本をすぐに戦争と絡めて忌み嫌う人が居るが、そういうことは、この本の時だけでも考えずに是非一度読んでいただきたい。

 もう一冊岩下尚史「芸者論-花柳界の記憶」も是非読んでいただきたい。面白いよう!門松の竹が斜めに切ってあるのは堅気の家では有り得ない、とか色々ためになる知識が満載です。
 他にも良い本がいっぱいあったけど仲々書ききれないのでこのブログの読書星取り表を参考にしてください。来年も良い本に出会えると良いなあ。

|

September 28, 2009

秋にも「わたかの荘」

2009年9月24日
 あかねもすっかり哀しみを忘れ、立ち直ったようなので、4月に行って大変美味しい且つ楽しかった「わたかの荘」に行ってきた。
 まずは船に乗って島に渡る。
File0000
 あかねも船に乗るのに少し慣れてきたようで落ち着いている。
 宿について直ぐ島唯一の海水浴場パールビーチに行った。File0001

 この日は真夏日で暑かったので、妻は高速を下りてから伊勢のイーオンによって水着を購入し、久しぶり!本当に久しぶりの海水浴をした。あかねは前回の「勢い余って海にドッブン事件」に懲りて波打ち際近くまで行くが、かなり警戒した様子で波の来るところまでは行かなかった。その代わり走った。
File0002
 この日もよく走った。持って行った水をがぶ飲みしながら全速で走りまくった。いい加減疲れたところで宿に戻って一休み。
File0003
 そうこうするうちに夕食である。前回も大変美味しく、海の幸を堪能したが、今回も堪能した。
 File00035
 お刺身のアップもどうぞ。
File0004
File0005
 もうどーーーーーーん!!!ってな感じでしょ。美味しかった!そして食べきれなかった。(すみません\(TT。)ハンセイ・・・) 酒飲みの私がお酒も入らないほどお腹もいっぱいになり、部屋に戻って一休み。
File00055
 何かあかねはいつも私の傍らで寝ているようだが、実際には妻の傍らで寝ていることも多い。そんなこんなで消灯。

2009年9月25日
 朝は、まず散歩からだ。お宿の桟橋にいるところを部屋から撮って貰った。
File0006

 そして午前八時朝食の時間が来た。
File0007
 4月もそうだったかが、この宿の卵は美味しい!ここしばらくの私たちの生活としては実に立派な朝食であった。此の処ダイエットしているので朝はソイジョイだけが普通になっているのでこんなに出てくると少々逆上してしまう。そしてやはり食べ過ぎた。と思っていると。あかねが「少し運動しに行きませんか?」とこちらを見ている。
File0008
 と云うわけでパールビーチにて腹ごなしとなった。
File0009
 この日も暑く、あかねは水をがぶ飲みしつつ走った。然しやはり暑い。
File0010
 10回ほど走っては日影に入り、水を飲む娘を私にまかせて、妻は本日も海水浴。そして土左衛門の真似。
File0011


 帰りはおかげ横町により、この日の夕食のネタを仕入れた。
File0012
 買ったものは、キスの干物、緋扇貝、何方も美味しい!
 そしておかげ横町は招き猫祭の最中であった。
File0013
 こうしてあかねの傷心を癒す旅と、意味づけられたあかねには少々迷惑だったかも知れない旅行は目出度く終了した。
 イヤー美味しかった!

|

August 06, 2009

夏の日に 夢の子犬の 星ふたつ

 我が家の愛娘(愛犬)あかねを6月11日に交配させた。出産予定日は、8月13日くらいだった。
 4日午後1時頃一頭を死産した。3日の検査でどうも一頭の心臓が動いているように見えなかったので、あるいはそうかも知れない、と思っていたが、そういう結果になってしまった。然し4日にエコーとレントゲンで診たときはもう一頭は順調だったのでそちらに望みを掛けることにした。
 「死産をするとつられて出てくる」と知り合いに言われた。4日夜からあかねの様子が如何にも「産みます」といった感じになってきた。あかねについてやって、うとうとしていたら、5日午前1時30分頃から出産が始まり1時45分頃に赤ちゃんの全身が出てきた。生きているかどうか心配だったが、何とか元気そうであった。
 最初興味を示さなかったあかねも、妻が赤ちゃんに興味を示すようにしむけると母性本能を刺激されて、赤ちゃんを抱くようになった。それからはもう「私の大事な赤ちゃん!」といった感じで、体中を舐めてやり、こちらが手を出すと威嚇するようにもなった。
 赤ちゃんは予定日よりも8日早い早産だったので、育つんだろうか?という心配が最初からあったが、朝まで元気に生きていて、時々「チー」と啼いた。朝9時くらいには倒れていた耳も立ってきたし、ホンの少し希望が見えたような気がした。あまりにも早く産まれてしまったので、獣医さんの所へ連れて行き、診ていただいた。
 元気は元気なのだが、おっぱいに吸い付く力が全くない。兎に角おっぱいを飲ませたいのだが、駄目だった。獣医さんでスポイトで口の中に入れたら少し飲んだようであった。しかしその後から急に動きが止まり、体温が下がっていった。産まれてからわずか八時間の命であった。
        露の世に 甘える間もなく 八時間
 獣医さんに連れて行くために、私達が赤ちゃんを抱いたときも、車の中も、診察台の上でもずっとあかねは赤ちゃんを自分から離されるのを嫌がり、可愛がりたかったであろう。もの凄く気にしていた。然し赤ちゃんが動かなくなった途端に、何かが判ったんだろう。悲しそうに丸くうずくまってしまって、それ以後赤ちゃんを余り気にしなくなった。
        八時間 我が子を抱いた 夏の夢
 家に帰ってきてから、しばらくは赤ちゃんを探していたようだが、諦めたようにぬいぐるみを集めて保育園を始めた。昨夜もぬいぐるみなしでは寂しくて寝られないようで、ぬいぐるみを抱いたまま寝ていた。
        夢の子を 探すあかねが いじらしく
        ぬいぐるみ 集めて犬の 保育園
 取り敢えず、あかねは悲しそうではあるが体調はそれほど悪くないようなので、あかねが以前のように元気になるのを待つばかりだ。しかし色々と疲れたんだろうなあ。頑張れあかね!私達も疲れた。そして泣いた。

|

April 25, 2009

わたかの荘に行って来ました(^ヘ^)v

 先週の16(木)17(金)に志摩・的矢湾に浮かぶわたかの島に行って来ました。
 「わたかの」は「わたか」のだと思っていたら「渡鹿野」であった。まあそれは兎も角。何はともあれ「わたかの荘」だ。
 わんこと一緒に泊まれるお宿として一部で大変有名なところだ。理由は「ご飯が美味しい!!」本当に美味しいが、まっそれは後ほど。

 まず余り乗り気では無さそうなあかねを車に載せ伊勢志摩を目指した。
Img_3953b

 途中、SAで軽い昼食をキリン“Free”と共にとって走った。
 処でキリン“Free”!仲々良いです。許せる味です。天気の良いお昼のドライブ「昼食と共にチョイとビール」と思ったとき、これいけます。アルコール0%!!!コーラなどの甘い飲み物や何となく頼りないお茶で誤魔化していたこれまでが嘘のようです。これからは気楽にFreeです。
 話は戻って伊勢についておかげ横町を散歩、そして記念撮影。Img_3954b
 矢っ張り「赤福」でしょう、私たちは食べないけど。そして五十鈴川の川縁を散策。
Img_3962b
 川縁のとうふ料理屋の入り口にお友達発見。
Img_3963b
 その後もひもの屋を覗いたりして、おかげ横町を堪能した。
 「ひもの塾」の秋刀魚の丸干しが大変美味しいので翌日買って買えることにした。

 船着き場について、少々ビビッているあかねを無理矢理船に乗せ、わたかの荘へ付く。
Img_3974b
Img_3978b
 建物は少々古いが仲々居心地は良いお宿だ。新しくて綺麗なところより落ち着く。畳のお部屋も良いなあ。わんこ連れだと少々畳を傷付けないかと気になるが、ここは割と気楽だ(決して汚いとか、傷つけても平気というわけではない)。この島は、鶯がよく啼いている。鶯が島のあちらこちらで綺麗な声を聴かせてくれる。それも嬉しい。
 -鶯と ひねもすのたり 志摩の海-
 -鶯の 声も爽やか 潮の風-     犬の足跡

 少しだけ休んで浜へ出た。
 Img_3984b
 あかね大喜びで走る!車の中で窮屈だったストレスを一気に発散!走る!!
Img_4011b
 勢い余って海に突入!!
Img_4015_bb
 「わちゃちゃちゃちゃ!どないしょ~(@_@)」と言った気持ちだったようでこの後固まってしまった。妻が呼んでも全く動かず一点を見詰めてじっとしていた。Img_4021b

 妻に抱きかかえられて海を出、近くの水道でざっと塩水を洗い流した。割と最近美容院に行ったばかりだったので毛が短くて良かった。
 その後は風で乾かそうという意味も込めて、近くの原っぱでボール遊びをした。
Img_4044b
Img_4074b
 まあ適当に乾いた後は志摩を散策して乙姫様になったりした。Img_4127b
 そんなこんなの後、お宿に帰った。この日の「わたかの荘」には二組がお泊まりでした。Img_4130b
平日は泊まり客が少ないところも良い。宿は儲からないが、客が少ない方が静かで気楽で、のんびり出来る。Img_4136b畳は落ち着くねえ~(^。^)


あかねは走って、海にも入って、又走って、静かな部屋に帰ったら妻のお腹にくっついて寝てしまった。Img_4141b


 さて《大変美味しい》と評判の夕食だ。Img_4145b
 どうです!Img_4146b伊勢エビ!
Img_4147b河豚に蛤、緋扇貝!
 どれもこれも大変美味しゅう御座いました\(^_^)/ヤッタネ。私達は普通のコースで「伊勢エビ満腹コース」や「三重のうまいもん食べ尽くしコース」ではなかったが、充分堪能いたしました。伊勢エビのお造り、伊勢エビのボイル、これで伊勢エビは充分でした。きっと「伊勢エビ満腹コース」は伊勢エビを一生食べなくても済むくらいでるのではないだろうか?次に行ったときも是非食べたいのでこの日の量で私達には充分です。本当に美味しかった。小さいとは言えすき焼きも付いてるし(このすき焼きを付けて食べる卵が実にうまい!!)、もうスッカリ三重の美味いもん堪能です!御馳走様でした。唯一残念なのがビールがドライだったことだ。(゚ペ)ウーン キリンの方が美味しいのになあ~(;´_`;)Img_4150b
 さて程々に呑んでお部屋に帰って早々に就寝、お休みなさい。

 さて翌朝のご飯です。Img_4153b
 これも美味しかった!伊勢エビの頭の入ったお味噌汁。その他美味しい物色々、そしてデザートはスイカ。昨夜の卵も美味しかったが、この日の目玉焼きも美味しかった。この島は、海の物だけでなく卵も美味い!この卵は買って帰りたいくらい美味しかった。
 さてもう一組のご家族、前田さんちのハリー君です。静かで良い子だった。又どこかでお会いしたら、宜しくお願い致します。Img_4158b
ハリー君は、夏に高山わんわんパラダイスに行く計画を練っているらしい。

 まだまだ時間はあるし、と言うことで昨日の原っぱへ行って、ボールとフリスビーで遊んだ。Img_4163b
Img_4235b

 最後に記念写真を撮って渡鹿野島とお別れした。Img_4282b
 わたかの荘には立派なドッグランもある。観光客の多いときは浜を走らせるわけに行かないのでこちらで遊ぶことになる。ここは勿論海に浸かる心配はない。
 わたかの荘の皆さん、ありがとうございました。ご飯、本当に本当に大変美味しゅう御座いました。又行きます。必ず必ずアイ シャル リターンです。
 船が見えなくなるまで腕も千切れんばかりに振り続けていただき誠にありがとうございました。


 さて昨日の約束の通り、ひもの塾へ行き、秋刀魚の丸干しと鰯の丸干しを買った。そして鈴木水産(鳥羽駅とは同名別会社)で緋扇貝とセル牡蠣を買って帰り、夜はスパークリングを飲んで帰宅してまで伊勢志摩を堪能しました。
 本当に美味しい2日間でした。御馳走様でした!すべての美味しい物に感謝!


|

December 31, 2008

2008 年末駆込更新 其の弐

10月28日&29日 姫路&神戸の旅

28日
 岐阜から一路姫路へ。
 そもそもテレビを見ていたとき姫路城が映った。妻曰く「私姫路城って見たことないなあ」「じゃあ行こうか?」と云うことで突然姫路&神戸に行くことになった。神戸にはわんこと一緒に泊まれるホテルもあるし。

Img_2912_j_himeji02_hime
最初は姫路城を見て帰るつもりでいたが、入場口まで行ったら係のお姉さんが「かごに入れて貰えればワンちゃんも一緒に入れますよ。かご、お貸ししますよ。」と言うではないか!然らばこんな時のために旅行に持ってきているあかね抱っこショルダーを出し、姫路城の天守閣を目指した。
Img_2906_i_himeji01
 流石姫路城、と言うか昔のままのお城は階段が急!妻は結構大変だった。然しまあ娘に国宝姫路城の天守閣から下界を見せられて何となく嬉しかった。城から出てきたところでお姫様に遭遇!記念撮影!
Img_2919_k_himeji03_hime


 姫路城を堪能した後は神戸のホテルにチェックインし、夜は南京町へ夕食を食べに行った。
Img_2940_l_china
 ここは、妻が事前にインターネットで調べておいたお店で、わんこ連れでも外のテーブルならばOK、という有難いお店だ!だがよく見れば外のテーブルは多くのお店にあり、多分どこでも断られることはなかったんじゃなかろうか?とも思う。然し此処は大変美味しいお店でもあったので、御犬様をお連れの方はこちらのお店がよろしかろうと思います。


 さて翌日は好天に恵まれた。
 宿泊した北の坂ホテルは異人館に大変近く。朝、散歩がてら異人館を回った。
Img_2969_m_ijinkan

 天気は良いし、港は気持ちが良いし、と上機嫌の馬鹿親二人は、その勢いで神戸港周遊船に乗った。ここでも「ワンちゃんもご一緒にどうぞ!」の呼び込みがあり、全体に神戸は犬連れに優しい街だ、と言うことになり妻は「(宝くじが当たったら)神戸にマンションを買うぞ!」と意気込んでいた。
Img_3004_n_fune


 いやー本当に神戸は楽しかった。

|

2008 年末駆込更新 其の壱

9月28日&29日
 昨年に続き鳥羽わんわんパラダイスに行って来た。
 ホテルに車を置いてまずは、「さざえの店 鈴木水産」へ直行!
Img_2580_b
矢張り美味い!鳥羽へお越しの際は是非お寄りいただきたい。

 ホテルに戻って一服
Img_2686_c
鳥羽湾(?)を眺め、夜のゲームに備える。
 今年も又被り物だ!
Img_2699_d


 さてよく寝た翌日は、残念ながら雨であったが、鳥羽水族館はカートに入れるなり、抱っこするなりすればわんこも入場OKと云う事なのであかねを鳥羽水族館に連れて行った。
Img_2750_e
 ここで記念撮影。係のお姉さんはテキパキと「ハイお母さんは、抱っこして下さいね」「お父さんはこれ持ってね」と手早く指示を出し、はいポーズ!


 あかね、アシカと遭遇の図
Img_2751_f_asika

 あかね、初めてのかわすそ君を見るの図
Img_2763_g_kawauso

 アカネ、伊勢エビとにらめっこの図
Img_2868_h_ebi
ちなみにこの伊勢エビは帰ってきて、美味しく頂きました。御馳走様

 そんなこんなであかねは少々疲れたらしい。然し馬鹿親二人は大変楽しい2日間でありました。

|

May 24, 2008

グヤジイーーーーー!!!

本日5月24日正午 365カレンダーの登録が始まった。
このブログの右上に毎日違うワンちゃんが出ているこれです→。

今年も(来年用)あかねの誕生日7月9日をゲットするぜ、と11時頃よりコンピュータの前で待ち構えていたのに!
正午に果敢に登録ページにアタック!アクセスが多すぎて仲々開かない!
12:05十数回のアタックの末漸く登録ページに到達!
ああああああ何たることぞ!肝心の7月9日だけが埋まっている!7月は他の日は丸で空いているのに!
 滋賀のエルマーちゃん、あなたは強運の持ち主だねえ!でもあかねの方が可愛いぞ!高山のわんパラだって行って来たし、羨ましくなんか、、、、、、無いぞーーーー、、、、悔しいけど。

|