« 自主的休憩 | Main | 明けましてお目出度う御座います(^ヘ^)v »

December 31, 2009

大晦(おつごもり)

 年々一年が短くなる。
 まあこれは、頭の中にある時間の概念が絶対的時間ではなく「単に一つ」と捉えられているために10歳の時の一年は十分の一と感じるが、50歳になれば当然五十分の一と感じるわけで年々一年は小さく(短く)感じられるようになる。仕様のないことだ。

 昨日、妻が仕事をしている時間に粕汁を作った。先日新酒を買った時におまけで酒粕を頂いたので、寒くなったことだし、時間のある時に粕汁を作ろうと思っていた。その時間があったのが昨日というわけですね。
 具は人参、大根、蒟蒻そして鮭のアラ。思い立った処で近所のスーパーに行き、蒟蒻と鮭のアラを買ってきた。鮭のアラがなかったら塩鮭でもいいやと思っていたのだが、うまくアラがあった。今年は碌な事がなかったが、美味い粕汁の為にアラが調達できたことで何となく良しとしようかという気になった。そしてこの甘塩の鮭のアラが仲々いいものだったので本当に良かった。
 作り方は簡単、人参、大根を食べたい大きさに切って、水で煮る。蒟蒻も食べたい大きさに切って、湯を掛けて臭みを落として人参、大根の鍋に入れる。そこにこれ又熱湯を掛けて臭みが出ないようにした鮭のアラを投入する。後は酒粕を細かく千切って、水に浸して電子レンジでチンをしてから少し潰して鍋に投入する。適当に煮えた処へ(昨日は)白出汁少々、マルコメの出汁入り合わせ液味噌も少々いれた。これで気に入った味に調整して、更に煮込んで完成!妻には可成り好評であった。本当に身体が温まるので、冬には粕汁が恋しくなる。

 愛娘あかねを今はスッカリ元気になった。28日には堤防で60回ものボール投げをして走り回り、それでも飽きずにボールを投げろと言う。元気なものだ。
 29日には私の実家恒例の餅搗きに連れて行った。みんなに可愛がられて迷惑そうであった。餅を食べさせるわけにはいかないので、海苔をやったら喜んで食べていた。

 屋上のバラは、今年は植え換えではなく、鉢の上半分の土の入れ替えだけにした。何とか来年も綺麗な花を咲かせて欲しいものだ。植え換えた方が良いんだけど20数鉢もあると土の一部入れ替えだけでも仲々大変だ。マアコレで何とかなればそれに越したことはない。頑張れ!我が家のバラ族よ!

 さて今年は104冊の本を読んだ。私としては可成り多い方だ。こんなに呼んだのは学生時代以来ではないだろうか?特に9月に佐伯泰英の「古着屋総兵衛影始末」シリーズを読み出してからはペースがぐっと上がった。9月以後に読んだ本が50冊である。4ヶ月で約半分を読んでいる。面白かったのもあるが、簡単に読めてしまう、と言うこともある。ちょっと時間のある時だと1日1冊くらい簡単に読めてしまう。遅読の私がそうなのであるから普通の人なら2冊くらい簡単なのではないだろうか?今年はそんな作家に出会えた年だった。
 あまりにも簡単に読めてしまうので、これなら私でも書けるな、と思った。勿論錯覚だ。書けるわけがない。簡単に書けるくらいならとっくの昔に書いている。私は学生の頃、劇作家志望でもあった。書けないから作家には慣れなかった、まあその為の努力もしなかったが。然し「書ける」と錯覚していた時に、宮部みゆきを読んだ。私には到底書けないと思った。宮部みゆきは凄い!面白いし、文章もストーリーも云う事はない。

 では今年のベストスリーの発表です。

 第3位 宮部みゆき「かまいたち」
  私の錯覚、妄想を打ち消した作品。宮部みゆきの最初期の作品。これでこの出来!素晴らしい。まだ買ってきただけだが、宮部みゆきを来年は読むぞう!!徹底的に読むぞう!

 第2位 高野秀行「西南シルクロードは密林に消える」
  矢張り高野は面白い!もう無茶苦茶です。よく生きてるなあ!

 第1位 柳田邦男「零式戦闘機」
  プロジェクトXですね。技術者達の姿勢、思想、すべてに渡って素晴らしい。本当に面白かった。こういう内容の本をすぐに戦争と絡めて忌み嫌う人が居るが、そういうことは、この本の時だけでも考えずに是非一度読んでいただきたい。

 もう一冊岩下尚史「芸者論-花柳界の記憶」も是非読んでいただきたい。面白いよう!門松の竹が斜めに切ってあるのは堅気の家では有り得ない、とか色々ためになる知識が満載です。
 他にも良い本がいっぱいあったけど仲々書ききれないのでこのブログの読書星取り表を参考にしてください。来年も良い本に出会えると良いなあ。

|

« 自主的休憩 | Main | 明けましてお目出度う御座います(^ヘ^)v »