« テレビデビュー! | Main | 嗚呼怠け者!今月も終わりだー! »

June 27, 2007

嗚呼六月!嗚呼空梅雨!

 余り居ないと思われる愛読者の皆様、大変長らくのご無沙汰で御座いました。

 先月上旬に書き込んだ切りだ。毎月一回くらいは書き込まないといけないような気がするので、慌てて月末間際の書き込みです。嗚呼もう少しチャンとしないといけない、と思いつつダラダラ来てしまった。是も我が身の性分と諦めるか。

 さて先ずは、愛娘“あかね”についての報告。
 6月に入った頃からあちこち掻くなあ、特に首の後ろ辺り、と思っていたら、何と!首の後ろに湿疹が出来ていた!しかも気付くのが遅かったので、痒くて仕様がないあかねが爪を立てて掻き過ぎて傷になり、あまつさえ化膿までしてしまっていた。
 嗚呼御免よう~(m_m) あかね許して呉れよ~\(__ ) ハンセィ こんな事では親失格だな。反省いたしました。
 病院に行ってエリザベスカラーを着けられたのが6月15日。余り嫌がっては居ないようではあったが、矢張り多少は気になるようだし、動きが何時もと一寸勝手が違うし、何と言っても最近お気に入りの寝場所“クレート”に入れない。(カラーだけ)女王様のコスプレになったこの日は、寝ぬたいのに寝場所が上手く見付からずフラフラしながら歩いていた(あかね、御免よ~)。
 然し2日目からは少し慣れたか、余り気にせずに何時もと変わらぬ感じで過ごしていた。只(当に!)痒い所に手が届かないので一寸隔靴掻痒のご様子であった。然しそれを見た妻が直ぐ飛んで行って代わりに掻いてやるのでそれはそれで嬉しいらしい。
 そんな日々の後、瘡蓋も取れ、本日お医者様から「もう大丈夫!」とご託宣を頂いたらしい。良かった。

 今月は何となく忙しくてギターを弾く時間がない!多くのギターが弦を換えなきゃならない時期なのだがそれもままならない。嗚呼時間が欲しい!一寸弾いていないと指先は直ぐに柔らかくなってしまう。然し意外に指はよく動いたりする。不思議だなあ。とは云えもっと練習しなければ!

 さて何故、こんなに時間がないか?忙しいのか?
 それは、今月一杯で会社を辞めるからだ。会社を辞める月は、仕事の引き継ぎと次の準備で忙しい人が多いとは思うが、まあ私もそんな所と云えばそうなのだが、仕事の引き継ぎは殆ど無い。毎年そうなのだが、単純に6月は私の現場が多い。しかも今月はイレギュラーな仕事が月末に入っている。そいつが忙しい最大の原因だ。それも明日終わる。ヤッタネ!
 イレギュラーではないが、会社を辞める日は、某所で仕込。退社第1日目はその現場の本番!これは何時もやっている仕事であり、この時期に止めることに決めたのは私なのだが、少々慌ただしい。ま、仕様がないか。

 来月からの準備はそれなりに順調であったが、先週末に破綻!嗚呼_| ̄|○ PCクラッシュ!買ったばかりなのにクラッシュ!しかもOS再インストール中に再クラッシュ!_| ̄|○ 辛い試練が私に降り掛かってきた。お釈迦様、是に耐えれば希望の光り輝く世界がやってきますか?何はともあれDELLのSupportに電話したらHarddiscのFormatからやり直せ、とのお言葉を頂いた。チャンと手順書お付けしますからね(э。э)bうふっ、ってな感じだ。(▼▼)嗚呼必要なアプリケーション入れるだけでも2日くらい掛かるのになあ。
 然し仕事のDataが全く入ってない状態であったのが返って幸いと考えて、寧ろラッキーな私であった事よ、と思うことにしよう!
 クラッシュした時は、どちらもソフトのインストール作業中だった。CD&DVDドライブが作業中だったことを考えるとドライブの回転による振動が悪さをしたことも考えられるので今度再インストールする前にガワを向いて内部のコネクター類の弛みなんかをチェックしようと思う。きっと良い結果が出ることであろうと信じよう。

 さて会社を辞めて、フリーになるわけだが、今までよりフットワーク軽く行かなければなあ、と思う。私のやっている仕事という物は、勿論利益も追求しなければいけないが、それ以外に文化に如何に貢献できるかと云うことも考えに入れて仕事をしなければいけないと思う。それは今の文化に対してだけではなく、未来に残すべき技術や伝統も含めて考えていかなければいけないと思う。自分に何が、どれだけ出来るかは判らないが、そう考えてこれからも仕事をして行こうと思う。

      勧学 木戸孝允
  駑馬遅しと雖も積歳多ければ
  高山大澤盡く過ぐるに堪ゆ   
  請ふ 看よ 一掬泉巖の水
  流れて汪洋萬里の波となる

 足ののろい馬でも長い年月をかければ、どのような高い山でも大きな沢でも、すべて越え渡ることができる。よくご覧なさい。ひとすくいほどわき出た泉の水も海まで流れて行き、広々とした大海万里の波ともなるのである。

 そんな気持ちを忘れずにいたい物だ。

 今月初めに会社の先輩が倒れた。一時は心肺停止に陥り、心配されたが2週間の睡眠(治療目的の麻酔を含む)の後、(本人のメールに寄れば)「三途の川を泳いで返ってきた」。流石トライアスロンで鍛えた身体!天晴れである。当に奇跡の回復だ。良かった!本当に良かった!
 (医者が唆すらしいのだが)「ペースメーカーを入れれば前以上に生活・運動が出来る様になる!」などと浮かれない様にして頂きたい。拾った命は大切にね。

|

« テレビデビュー! | Main | 嗚呼怠け者!今月も終わりだー! »