« July 2006 | Main | September 2006 »

August 15, 2006

お気楽夫婦 +α

 今朝妻が「一寸朝市にでも行ってみようか?」と言ったので近所の朝市をやってそうな処へ車で向かった。そこはJAだったんだが、矢張り盆で休み。じゃあもう少し走ってみようかと山県市を目指したがそこも休み!そりゃあそうだろう。今は盆だ。親戚が集まったり、墓参りに行ったり、みんな忙しいんだから、そんなことはやってられない。じゃあどうするか?まあ一寸板取の方まで行ってみようか、と言うことになって車はさらに奥を目指した。結局板取から狭くてウネウネの国道256号を抜けて郡上へ出て、岐阜まで帰ってきた。
 「一寸朝市」が100㎞を超すドライブになってしまった。昔コマーシャルで「カローラⅡに乗って、買い物に出たが、財布を忘れてそのままドライブ~♪」というような歌があったが将にそのまんまのお気楽夫婦である。しかも車中で聞いていたのはクレージーキャッツ!お気楽だねえ。

 さて次映画のお話を一寸。
 一寸前の話だが「日本沈没」を見た!草彅君が出ている新しい方だ。
 「金返せー!」
 一寸御下品でご免なさい。然し酷い映画を作ったもんだ。まず冒頭からして変だ。沼津が大きな地震で殆どのビルが倒壊している中を草彅君と女の子はレスキューの紫咲コウに助けられる。まあそれは良い。然しその直ぐ後に富士山の前を新幹線が走っていく映像がある。映像的に時間軸が戻ったのかと思ったら、どうもそうではないらしいことがその直ぐ後のシーンで判る。沼津にあれだけの被害が出ていたらあそこを新幹線が通ることは出来んと思うぞ。
 草彅君絡みでの謎は、何で彼は、あんなにそこら中で大変な被害が出ているときにああも簡単に会津若松や都下、神奈川県内随所を移動できるのだろう?しかも大概彼は歩いて現れる。一体どうなっているのか!
 大地真央様演ずる大臣は、何の苦労もなく世界中から海洋調査船を集めたが、幾ら何でも無茶だろ。元亭主という設定になっている田所博士に「よくこんな短時間でこれだけの船を集めたな。」と言わせているがアレは脚本に対する突っ込みだったんだろうか?
 他にも突っ込み所は満載であった。処で何で原作通りではなく日本列島は助かっちゃう話に変えたんだろう?それって原作が本当に問いかけたかったことを無視したって事にならないの?小松左京先生はそれで良かったのかなあ?謎である。
 因みにやっと先週手に入った(レンタル)ので33年前の奴を見たが、ちゃんとした映画だった。その出来の差は真面目に真剣に作ったか、客呼べそうなタレントを並べてお茶を濁したかの差であると思う。機会が有れば33年前の方を見ることをお薦めします。
 新しいのには、石坂浩二さんが出てるんだけど、彼は出演依頼を受けて承諾したものの台本読んで嫌になって直ぐ死ぬことにして貰ったような気がする。

 閑話休題

 先月義母が亡くなり、その簡易保険の受け取りについてのお話。
 私は結婚したときに妻の姓を名乗ることにした。従って本名は「高橋」である。そう言うわけで妻は一度も姓が変わっていない。仕事で使っている「犬塚」は旧姓だ。
 さて先日、簡易保険のお金を支払う機関から妻に連絡があり「保険金は支払えない」という。
 理由はこうだ「一般的に女性は結婚した時に姓は変わるので、一度亭主の姓になり、また高橋姓に戻った、との記載が有る戸籍でなければ認められない。よって支払うことは出来ない。」
 ちゃんと市役所で作ってもらった戸籍謄本である。間違っているはずがない。間違いようにも妻は「高橋」以外の姓を名乗ったことはないんですから。
 然し郵政公社の方は「女は結婚したら姓は変わるものだ」からちゃんとした書類を出せ、と仰る訳です。妻は怒りました!妻は男女共同参画の委員だったかをやっています。そう言う事に関して意識の低い人たちことには厳しいんです。妻は抗議しました、お金が払われないことに付いてではなく、その意識に対して。
 でも暖簾に腕押し、糠に釘、妻が何で怒っているのか判らなくて「出来るだけ早く支払うようにしますから、怒らないで下さいね」などと言うのだそうです。
 妻の姓を名乗っている男性は結構いると思うんですけどねえ。まだ世間では「女は結婚したら夫の家の姓を名乗るものだ。」という人多いようですねえ。
 因みに私は「高橋」を名乗っていますが、養子縁組をしていないので戸籍上は妻の両親の子供ではありません。この辺のことも仲々判って貰えないですねえ。私が「妻の姓を名乗っている」というと「婿養子ですか。」と言われますが違います。「高橋」姓なだけで「養子」ではありません。どうでも良いことですが、養子かどうかで一番変わってくるのは相続権です。

 またまた閑話休題

 最近フラットマンドリンを買ったことはかきましたが、昨日ふと思って古賀メロディというやつを弾いてみた。彼・古賀政男は明治大学マンドリン倶楽部のOBである。そこで思ったのだ。(全部とは思わないが)古賀メロディはマンドリンで作曲していないか?
 果たしてそうであった、と思った。古賀メロディの何曲かはマンドリンで弾くと運指がし易いのだ。当たり前と言えばそれまでだし、みんな知っていたんだろうが、私としては目から鱗が一枚取れた。


|

« July 2006 | Main | September 2006 »