« December 2005 | Main | February 2006 »

January 30, 2006

現代風俗研究会年報第26号「現代風俗 興行」

 通勤の電車の中でしか本を読まない。極偶に電車の中以外でも読むが、殆どの読書は電車の中だ。通勤のお伴である。そんな事情なので1冊読み終えるのに結構な時間が掛かる時が多い。勿論本によっては行き帰りだけで読めてしまう物もあるがまあ3日位は掛かる。疲れていたり、休みで電車に乗らなかったりすると1週間位掛かる時もなる。しかも遅読であるので、分厚くて硬い文章の場合はもっと掛かる時もある。

 今日、先週から読んでいた本をやっと読み終えた。
 現代風俗研究会編 現代風俗研究会年報 第26号 「現代風俗 興行-It's SHOW TIME!-」
 大変面白かった!色々な形で興行に関わる人、当事者や研究者、ファンなどが執筆者である。凡ての文章が大変面白いという訳にはいかないが全体としては大変楽しく、興味深く読むことが出来た。
 私の嗜好による物ではあると思うが、特に大道芸人・雪竹太郎氏の文章は胸に迫る物も有りつつ、大道芸に於ける多くの問題を提示し、深く考えさせられた。又それらの問題は大道芸に留まらず、「芸」・「芸能」全般についても考えるべき問題を含んでも居たように思う。「芸人」・「芸能者」と民衆、官憲それぞれとの位置づけ、関係、妥協点、心持ち、色々複雑な問題である。舞台スタッフとして(経済的に成立しているかどうかは置いておくとして)興行に関わる自分が不見識にして、無神経であったことも知らされた。反省且つ勉強が必要である。世の中にはよくあることだし、往々にして人はそうなりがちであるが、不見識の人間が判ったようなことを言うことは慎むべきである。勿論私のことである。これからは気を付けよう!とは思うがお調子者の私は不用意に発言してしまうんだろうなあ。少なくとも誰と話をしているか位は注意しよう。
 
 さて他にも面白く、興味深い記事が満載なので是非多くの方に読んで頂きたい。
 特に第1幕と第2幕は面白い。(興行がテーマなので章割りが芝居風になってます)

|

January 25, 2006

ギターのナット

「あなたの趣味は?」と問われれば、取り敢えず
 「ギター収集と演奏の真似事、読書!という程ではないですが本を読むのは好きですね。あと音楽を聴くのも好きですが、これは何処までが趣味で何処から仕事なのか自分でもよく判りません。他にはまあ時々料理を作る位かなあ。」
 と答えるであろう私は。それを聞いた人はきっと「ギター、音楽、読書、料理」と纏めるだろうが、なんか一寸ズレている気がする。そしてこの場合は一寸だしまあ良いか、となるが、報道は言ったことと報道されていることが全く違うことがよくあるらしい。マスコミが報道していることは何となくヒステリックで、針小棒大な内容が多いような気がする。その場合は困るなあ。
 兎に角マスコミを無闇に信じると国を滅ぼすことになるのは、昭和初期から太平洋戦争への一連の事件の通りである。

 それはさておき本日のお題は「ナット」である。
 ギターを演奏される方、売買されている方は大方ご存じだと思いますが、ギターの糸巻き(ペグ)と指板(フィンガーボード)の間にある(多くは)白っぽいと言うかアイボリー色の物で、ヘッド側の駒のようなものです。その材料は高い物は象牙から牛骨、堅い樹脂などが一般的ですが安い物にはプラスチックなんて物もあります。色違う所ではたまに黒檀や真鍮製の物もあります。

 さてそのナットを交換したんです、先月の24日クリスマスに、EJ-160Eの。
 以前は買った時の儘、樹脂製の安物(プラスチック?)が付いていたんですが、象牙のナットが安く手に入ったので換えてみました。まあ序でにサドル(ブリッジに付いている物で日本語では駒)も象牙に換えました。サドルは買って割合直ぐに自分で削ったタスクに交換していたんですが、仕上がりが気に入らなかったのでナット購入時に一緒に買いました。
 ナットを替えた効果は大変大きく、一寸眠むた目と云えないこともない音はガラリと変わって、粒立ちも良くなり又エッジも立って、ギターの材(マホガニー)らしい音になり、鳴りも良くなって、シャリーーンからジャリーーーーーンと音に迫力が出ました。
 それはそれで大変素晴らしかったのですが、自分でナットの溝を削ったので、結構低くしたつもりでも一寸弦高が高かったようで一寸弾き辛かった。そこで先日、意を決してさらに弦高を下げるべく、男はヤスリを持ちました。ビビリが来る限界まで削るぞ、と心に誓い、斎戒沐浴して挑みました。6弦を一寸削り過ぎて、修正しました(*)が、何とか上手く行きました。1フレットを押さえた時と押さえてない時の2フレット上での弦の高さが殆ど変わらない状態にしました。フィンガーボードから弦の下端まで約0.85mm!!大変弾き易くなりました。何と言ってもFが押さえやすい。あのギターを挫折する人の97.2%がこれで諦めると謂われる「F」、バレーコードともセーハとも謂われるギターの関門海峡、関所、「セーハを制覇すればギターを制する」とさえ謂われる、難関。その「F」を押さえるのが楽!やってみる物である。すべてのギターをこの高さにしてやろうと野望を抱いた。さあ頑張るぞうううう!!

 と云う訳で今朝一寸早起きしたのでYD-504のナットの溝を削りました。矢張り弾き易い、ネックがグッと握りやすくなった。ナットを擦ってネックがグッド!なのであります。
 本当にすべてのギターのナットをこの高さに削ってやろう!

 ナットの溝を削ると弦がネットに沈み込んでしまうのでこれも修正しなければならない。色んなサイトを見ると弦はナットに埋もれない方が音が良いとの事である。埋もれてしまうと弦の振動を押さえ込んで音が籠もり気味になるらしい。弦交換の時にこれも修正しよう!
 音の良い楽器を手にすることは本当に楽しい!

 因みに約0.85mmの高さは、ピックのハードの厚さでこれをフィンガーボードに置いて削る目安にしている。

*削りすぎた場合は、買った時に付いてきた象牙の粉に瞬間接着剤を混ぜて、それを溝に埋めてもう一度削りなおした。

|

January 21, 2006

バンジョーのパーツ etc.

 昨年末にAriaのバンジョーSB-400を入手した。入手先はヤフオク、このバンジョーの保存状態があまり良くなく、フレットは錆びていたしフィンガーボードにカビが生えていた。又トップのドラムはブリッジに押されて凹んでいたし、ブリッジ自体も湾曲していた。それはそれでまあ仕様がないし、何時かドラムとブリッジを替えてやろうと思っていた。
 そこで時々このドラムとブリッジをインターネットで探すのだが、私の検索方法が悪いのか仲々売っている所が見つからない。大きな楽器屋に聞けば何とか成るだろうと名古屋にあるI楽器店にメールで問い合わせてみた。帰ってきた返事は、ハッキリ言ってマヌケであった。恐らく返信を寄越した店員はバンジョーという楽器のことを全く知らないのであろう。Ariaに持ち込んで修理が必要、Ariaはパーツの販売はしないのでそう言うことになる、と云ってきた。そんな馬鹿な、ドラムとブリッジを交換するだけだ、物さえあれば誰だって出来る。第一私はAriaの純正が欲しいとは書いてない。バンジョートップ(ドラム)は殆どのメーカーがレモ社製である。パーカッション、ドラムを演奏される方はご存じだと思うが、REMO社はドラムの皮を作って50年のアメリカのパーカッションの老舗である。楽器屋だったらREMO社の輸入代理店に聞けよ!ブリッジは知らなくて仕様がないとしてもREMO社位チャンと分かってて欲しい。
 そんなこんなで昨日もインターネットを放浪していたら有りました、バンジョーに矢鱈と詳しいサイトが。レコキンズルームです。ここにバンジョーの部屋というページがあり、相当詳しそうです。其処にメールを送って良い店はないかとお尋ねいたしました所、直ぐに、もう本当に直ぐに、メールがツーーーと云ってカーーーと帰ってきた位早くご返信を頂きました。其処には「鞍馬天狗に聞け!」ではなく「くらま楽器の店長さんに連絡を取ってみれば良い」とのお言葉を頂きました。店長の吉田さん自身が日本有数のバンジョープレーヤーとのことで、しかも親切丁寧にバンジョーのことも教えてくれるとのことでした。
 そこで直ぐくらま楽器にメールを送った所これが又ツーーと云ってカーーと云う具合にメールが帰ってきました。今バンジョーに付いている透明のドラムは在庫していないが、在庫のある物のリストとご推薦のブリッジをお教え頂いた。世の中上手く行く時はこんな物である。然し上手く行った時のインターネットは本当に便利だなあ。
 処でくらま楽器の吉田さんのメールで、レコキンさんこと小野田さんは、トップクラスのプレーヤーでバンジョーのソフト、ハード 両面においても大変造詣が深い方だと云うことが分かった。知らないと云うことは恐れも知らないと云うことでバンジョーを持ったばかりの素人がいきなりトッププレーヤーに不躾な質問をしてしまった様だ。然しレコキン・小野田さんもくらま楽器・吉田さんも本当に良い人であった。嬉しい出会いでした。有難う御座いました。

 今朝起きてブラウザーを立ち上げた所、久し振りに結木奈江の名前を見た。
 文化庁の在外研修で一昨年ギリシアへ行き昨年帰ってきたらしい。私も3ヶ月の特別研修でニューヨークへ行ったことがある。Yahoo!から辿って行ってみた限りでは夕刊フジの記事らしい。記事は結構批判的だ。私も彼女の国費留学の実情は知らないので何とも謂えないが、あの記事を書いた人はどの位知っていてあれだけ批判的に書いているのだろうか?確かにその分野以外の人から見れば公費の無駄遣いかも知れないが、それを実際に無駄遣いにするのは本人の志が低かった時と周りの悪意であると思う。ハッキリ言ってそんなもの何年も経ってみないと分からないし、本当の意味で分かるのは本人だけだろう。然しそれが(一寸嫌な言葉だけど)日本の文化向上に繋がり、観客や観衆を楽しませてくれるのだよ。彼女の留学を国費の無駄遣いと云って避難し、そう言う金の使い方を止めさせて国民凡ての目に見える成果の上がらない金は使わせない様にしたのでは明治以前の分化行政に逆戻りであろう。確かに無駄になった現実もあるかも知れないが、もう少し温かい目で見られない物だろうか?
 それにこの記事は「結木奈江」でなかったら書かれなかったろう。そう言う妬みや貧乏根性で書かれた臭いのある嫌な記事だ。一度も有名になったことのない私は勿論書かれなかったし、私の友人も書かれたことがない。私達の国費留学が無駄だったとは全く思ってないが、ああいう記事を書くのであれば在外研修経験者の研修後の仕事を全検証してから書いて頂きたい。
 結木奈江さん、私は別段ファンではないが、これから良い仕事が出来るといいね。ガンバレーーー!!

 さあ今日もギターの弦を張り替えるか。

|

January 14, 2006

弦交換

 本日お休みに付き弦交換!
 と云っても先日来切れてしまったままになっていたギターの弦を交換しただけなんだけど。

YD-305
 D'AddarioのEJ-16を使っている。以前はMartinのMSP41FSやMSP4100を張っていたが今はD'Addarioにしている。値段が少し安いのもあるがこちらの方がギターに合っている様な気がする。張り替えたばかりの時は何方もやっぱりこれだよね、と思うが1月以上も張っていた弦と比べれば大方の弦が新しい方の勝ちであろう。然し今はD'Addarioである。何時気が変わるかは判らない。でもまあこれはこれで良い弦だし、MSPよりは安いので変わらないかも知れない。

G6122
 これはD'AddarioのEJ21だ。Nickel Woundのエレキ弦でJAZZ LIGHT GAUGEである。使用している最大の理由は弦の太さ。普通のエレキ弦では頼りないし、3弦がプレーンなのも嫌なのでこれを張っている。JAZZとある通り何となく音もJAZZっぽい。上手い人が弾けば格好いい音だ。如何せん腕がついていかない。然しまあ最初は形から入る、と云うか真似てみる内に肖りたいと思っている。肖れればいいのだが、仲々。

YD-302-12
 これもD'Addario。張り替える前はEJ38だったが今回からEJ41にした。1&2弦がEJ38は0.010inch、EJ41は0.009inchでたった0.001inchの差だが、弾いているとその差は大変大きく、EJ38では3分も弾いていると指が痛くて弾いていられなくなる。EJ41なら何とか30分位は弾いていられる。まあ私の指が軟弱な故にそうなるのだが、弾いていられないのでは何とも成らないので細い方に替えた。

 明日も多分1本くらいは張り替える様な気がする。

|

January 12, 2006

コタキナバル

 昨日朝7時にセントレアに着陸した。
 結論から言えば「コタキナバルは良い!又行きたい!」

1/7
 セントレアを11:40に飛んでクアラルンプールへ。昼食はチキンかフィッシュ。私はフィッシュを選んだ。機内食としてはまあまあ。おやつに御握り一つが入った軽食が出た。飛行機の中は勿論ビールやワインを呑みながら過ごした。旅行者の行程表には夕食は出ないと書いてあったのでクアラルンプールの空港のBURGERKINGでワッパーを一つ食べた。結構腹に溜まる。コタキナバルのパシフィック ステラ ホテルには11時過ぎに着く予定なので何も食べないのでは辛い。然し!コタキナバルに向かう飛行機の中で夕食が出た!ワッパーを食べたばかりで食べられない。味見だけして止めた。行程表の「夕食×」を信じて損をした気分だ。
 途中ラブワン島を経由してコタキナバル着。ホテルに着いてすぐ全員で深夜2時までやっているというSedco Complexに行った。クアラルンプールでワインを買い損なったが取り敢えず食にも酒(ビール)にもありつける。有り難い。Sedco Complexは新鮮魚介類が豊富で調理も多彩にして達者で、実に美味い!この日はこれでおやすみ。

1/8
 日曜日と云う事でサンデーマーケットがあるガヤストリートへ行く。着いてウロウロし出した所へ雨。屋根のあるKKプラザに逃げ込み序でにトイレにも行く。トイレは有料で紙を買わずにはいるだけなら20セント(?)(RM0.2)。KKプラザやセントラルマーケットを彷徨いて空腹になったのでガヤストリートにもどって飲茶屋で昼食。ここはKKプラザに逃げ込む前にビールがある事を確認しておいた。コタキナバルというかイスラム圏の難点の一つはビールを置いてない店が多い事である。宗教上禁酒なので仕様がないが酒好きの旅行者には不便である。この飲茶屋も美味かった。特に牛の胃袋の蒸し物がうまかった。そしてビールは何故か小瓶が3本で1セット。理由は不明だが、そう言う事だ。妻と二人で2セット呑んだ。
 午後はホテルの部屋で休憩したりプール、ビーチで過ごし夕食に備えた。
 夕食は「竹林酔夢閣」という山の上のビヤガーデンに行こうと云う事になり、ホテルの日本人スタッフに予約して貰おうとしたが、電話繋がらず断念。残念。結局昨夜と同じSedco Complexへ。昨夜食べて美味かった、ソフトシェルクラブと蛤も入れて腹一杯食べ且つ呑んだ。

1/9
 9:30にホテルの桟橋から船に乗ってマヌカン島へ行く。ホテルから船に乗れるのは大変楽だ。帰りも同じ桟橋に船は着くので部屋へ帰るのも楽。
 マヌカン島ではシュノーケリングをしたり、ビールを呑んだり(何処でもビールだ)。昼食は、その場でバーベキューバイキング。これも楽。まあそんなこんなで適当に過ごし、飽きたらホテルへ戻る。帰りの船はどれと決まっている訳ではないので、1時間おきに出る船に乗って戻る。これもとても気楽。リゾートは矢張り気楽でなくてはいかんね。ホテルに戻ってからは妻がエステに行っている間ビールを呑んでうつらうつらと過ごし、さて夕食だ。
 昨日駄目だった山の上のビヤガーデン「竹林酔夢閣」に行こうと云う事になり、ホテルの日本人スタッフに電話して確認して貰うが繋がらず。彼女曰くやっているはずのなので忙しくて電話に出られないだけではないか、と云う事でタクシー2台に分乗して全員で向かった。!!!!!!!着いて吃驚!!!やってない!!!見た感じでは潰れているようだ、休業中かも知れないけど。残念!!と云う事で別の店に向かったがそこが何となく怪しい(ビールの有り無し、冷えているかいないかを含めて)のでそれぞれ好きな所に行く事になった。私たちのグループは結局「美味かった!まだ食べてない物のが有る!」と云う事で3夜連続Sedco Complexへ行った。矢張り美味かった!コタキナバルにお越しの際は是非Sedco Complexへ足をお運び下さい。

Sedco Complexは、こんなお店です。
CIMG1238

このように並んでいる新鮮な魚介類から素材と調理法を選びます。日本語のメニューもあるし、日本にいたことがある日本語の分かるスタッフもいる(毎日居るかどうか不明)ので安心。
CIMG1227
CIMG1233

私達のグループで好評だった蛤のガーリック茹で(?)
CIMG1228

隣のテーブルの人が注文した巨大ロブスター!
CIMG1232

この人に頼めば大丈夫!(多分)
CIMG1270


1/10
 今回の旅行最後の日となるので一寸忙しい。
 午前中はホテルのビーチで過ごし、12時少し前にチェックアウトし、ホテルの無料バス(街へ出る時は予約が必要、帰りは予約の必要なし)で街に出る。センターポイントに行って昼食と思ったがここでもビールの壁が立ちはだかる!仕様がないので8日の飲茶屋へ行こうとタクシーを拾いに出たが上手くつかまらず、まあ途中で面白そうな店があったらそこで食べればいい、と云うつもりで歩いていく事に。少し歩いて広めの路地を一本入ったらビールが冷蔵庫の中から「おいでおいで」をしている店があった。もう決まりである。そこに入ってビールと魚の胃袋のスライスのスープ、ヌードル付きとタイ風エビ入りビーフンを頼んだ(ネーミングについては適当)。これも美味かった。コタキナバルでビールがある店はみんな美味い!(偶然上手く当たっただけという気もするが)。
 ホテルに戻って空港行きのバスを待つ。

 パシフィック・ステラ・ホテルはお薦めです。
 日本人スタッフがいつも居てすぐ繋がるので楽。マヌカン島へ行く船に乗るのも楽だし、日中であれば街へ出るのも無料バスがあって良い。まあ欲を言えば各部屋に温水洗浄便座(ウォシュレット、シャワートイレなど)を設置しておいて欲しいことくらいである。メインロビーのトイレなんかはイスラム式洗浄トイレであるがあれは慣れないと使い難い。是非世界中何処にでも温水洗浄便座を!

 セントレアから直行便を!
 マレーシア航空様 中部国際空港からコタキナバルへ是非とも直行便を飛ばして下さい。コタキナバルで過ごす時間が物凄く増えます。行きの日、帰りの日で合計8時間は無駄がなくなります。是非とも何とか宜しくお願い致します。

|

January 07, 2006

取り敢えずビール

セントレアで取り敢えず出発前のビール060107_0936.jpg

|

January 06, 2006

明日からコタキナバル

 明日からチョイとコタキナバルに行って来る。国としてはマレーシアなので初めてではないが、コタキナバルは初めてだ。前に行った事のある人の話では「とても素晴らしい楽園!」と云う事なので大変楽しみだ。只別の人から伝わってきた事には、クアラルンプールの乗り換え便では現地に着くのが夜中になるので食料と酒を確保しておかないと楽園に着いて早々に苦しい思いをする事になるらしい。気を付けねばなるまい!酒もなく空腹では楽園にならない「苦園」である。詰まり酒と食料が「ら」になる訳だ。「ら」忘れまじ!

 現地では日本では食べられない物を沢山食べたい物だ。まあマレーシアなので今迄とそんなに大きく違うとも思えないが、トロピカルでエキゾチックでエスニックなモノを食べまくるのだ。

|

January 01, 2006

謹賀新年

賀正!

さて今日は蔓薔薇の土を少し替えよう。

昨年の紅白は途中からどうでも良くなって、ギターを弾いていた。昨年最後に弾いたギターは、私の一番のお気に入り S.Yairi の YD-305 !弾き心地と云い、音と云い、今我が家にあるギターでは一番気に入っている。でももっと良いギターが欲しいなあ、自分の腕は棚に上げて思う。嗚呼物欲は尽きまじ。

昨日は、何だかんだと一寸した買い物に車で出た。車の中ではずっと「あきれたぼういず」を聞いていた。「あきれたぼういず」は素晴らしい!是非皆さんに聞いて頂きたい。

|

« December 2005 | Main | February 2006 »