« November 2005 | Main | January 2006 »

December 31, 2005

紅白雑感10

仲間由紀恵のシャドーは変だ。色のバランスが崩れてる。

|

紅白雑感09

ゴリエちゃんは良かった!よく足上がるなあ。偉い!妻は満足したので寝るらしい。

|

紅白雑感08

あゆの衣裳はいい!!あれを真似たウェディングドレスは受けると思う。

|

紅白雑感07

今までの感想

みのもんたが邪魔!司会下手!もう少し人を立てる様にできんのかねえ。

|

紅白雑感06

核兵器反対!我らに平和を!Love&Peace!みんなが平和の中で生きている事を想像してご覧よ。良いよおー!

|

紅白雑感05

忘れる前に。
最初の方の鈴木亜美はとても歌い難そうに歌っていた様に感じたんだけど返しが変だったのかなあ。音外しっ放しだったね。

|

紅白雑感04

やっぱり今でも昭和基地から便りは来るんだねえ、電報じゃなくメールだけどね。

話は変わるが香坂かおりの歌のバックで無理して踊る必要はあるのかなあ?殆どそうだけど歌手だけじゃいかんのかね?

|

紅白雑感03

又々話は前後するが、モーニング娘。チームの振付を担当していた夏まゆみは多分古い知り合いだ。頑張ってるなあ、夏まゆみ!もう20年位会ってないが何となくうれしいよ、うんうん。

|

紅白雑感02

話は前後するがBoAのステージはグラミー賞なんかを真似た香港やシンガポールをパクった亜流の亜流みたいだったなあ。

|

紅白雑感01

藤あや子の頭は凄いなあ。折角の美人が台無しである。もう凄く台無しである。丸で寂れた宿場の安女郎の様だ。マジックなんかで間違って頭にナイフが刺さった様でもある。バックの踊りも場違いで場末感満載だ。藤あや子が可哀想。

|

December 29, 2005

今日は餅つき

日本晴れ!餅つき日和!051229_1013.jpg

|

December 28, 2005

薔薇の植え替え

 本日晴天に付き、我ら薔薇植え替えせり!

 「金華山登れ!ネコ!ネコ!ネコ!」
 の妻の大号令の下本日薔薇の植え替えをした。小さい鉢の物は一昨日妻が一人で遣ってくれていたので大方本日終了。あとは馬鹿デカイ鉢に植えられている蔓薔薇の二鉢だけである。これについては、今年は表面の土を掘って牛糞を入れ、少し土を替えるだけで止そうと云う事になったので、後日チョイと作業すれば済むと思う。ひとまず安心安心。

VFTS0042

VFTS0043


 イヤー本当に先日の雪、大雪と続いた時には今年は諦めようか、と思ったが何とか出来て良かった。これで来年も花が楽しめる!筈である。晩春頃から始まる眼福の日々が待ち遠しい限りである。

|

今年最も印象に残ったCD

 発売されてから一寸経ってしまったが、遅ればせながらご報告。

 これが今年最も印象に残ったCDである。
 東海かおり「雪月花」

 これがあのデータ消失事件から何とか出来上がったCDである。
 今年最も印象に残った理由は勿論あの事件の所為である。然し演奏は悪くない。箏曲に特に精通している訳ではないが、私としては素晴らしい演奏だと思う。ご興味のある方は是非ともお買い上げ頂いて、お聞き頂きたい。そうして沢山売れると次の作品を作ろうと云うことになり、又私がお仕事を頂けるかも知れない。この仕事は、あの忌まわしい事件があったにもかかわらず、楽しい仕事だったので是非ともそう謂う美味い話になって頂きたい物である。
 尚、演奏者周辺からは、「音も良い」と言われているらしいので機会がある方は是非お聞き頂きたい。

|

December 23, 2005

本日も又々大雪!

いやはや大雪である!先日より雪は深い。少なくとも我が家の屋上はそうだ。
私は本日お休みなのでまあ良いが、仕事が有る人は大変だ。私の会社でも幾つも現場が有る。みんな現場に辿り着けるんだろうか?機材車は無事に着けるんだろうか?事故を起さない、巻込まれないで現場に辿り着いて欲しい!

薔薇は何時植え替えられるだろうか?嗚呼南無三!

携帯で記事を書くのは面倒だなあ。051223_0713.jpg

|

December 19, 2005

インターネット通販

 本日も雪!雪雪雪!何方を向いても辺り一面雪の白に被われております。白組ガンバレ!
 何方が勝っても興味のない紅白歌合戦の季節になりました。

 それはさておき、通販である。インターネット通販は、今や私の買い物の9割以上を占めている。夏は冷房の効いた部屋で、冬は暖房に温々し乍らのお買い物である。人間が横着になり、運動不足を促進するのである。これで又運動用具を自堕落な格好で買ったりするのかも知れない。クレージーキャッツの唄に「薬飲み飲み、大酒喰らう。はー、何が何だか判らないのよ〜」ってなのがあるが、そんなこっちゃあ将に何が何だか判らない。

 本は概ねbk1で買っている。何処でもそうだろうけど、有る程度の金額に達すれば送料が掛からないところが良い。大体一度に5〜6冊買うので送料が掛かったことはない。昔から本屋に行ってもその位買ってしまうので、重たくて持って帰るのが辛かった。特に私はハードカバー好きなので尚更である。温々頼んでおくと家に届く、大変ラクチンなのである。本屋で探してこそ思わぬ本と出会ったりする事もあるが、インターネットにはインターネットで思わぬ検索結果が出て思わぬ本を買うこともある。そんな本に限って一般の書店に置いておいても売れそうもないので置いてない本だ。

 雑誌も2誌定期購読しているが、こちらは一つが出版社のサイトからで、今ひとつがFujisan.co.jpである。インターネットでの定期購読を受け付けていない出版が今でもあるのでこういうサイトは便利である。全部とは言わないが、結構揃う。定期購読の手続きこそ簡単に済ませたい物だ。又季刊誌などつい買い忘れてしまいがちなだけにこういうサービスは有難い。

 CDは大体タワーレコードだ。日本国内で有りそうな物は日本の、そうでなければアメリカに注文している。最近あまり買ってないけど。然し先週5枚注文した、未だ来ていない!嘗て無い程時間が掛かっている。早くしてね、担当様。

 ギターや楽譜も勿論インターネットで買っている。弦なんかは送料を掛けたって断然安い!14本にもなってしまったギターも殆どインターネットで手に入れた。ヤフオクが7本、インターネットショップが(新品中古併せて)4本。そして掲示板でお知り合いになった善意の方から1本。直接お店で買ったのは、25年前に初めて買ったYD-302-12とS-96だけである。処分してしまった1本もヤフオクであった。

 ヤフオクや楽天では色んな物を買っている。今時仲々家具売り場に置いてないスチールの本棚も3つ買った。人に花を贈るのだってインターネットである。嗚呼、怠惰だなあー。

 先日、ついにジーパンも買った。私はここ四半世紀ジーパンはWranglerの13MWZに決めている。WranglerJapanが消滅してから困っていたのだ。今でもWranglerブランドのジーパンは日本でも売っているがあれはOEM供給された別物である。履き心地が全く違う。2001年、2002年にNYに行った時に買い込んでは来たがそれもそろそろ相当ヨレヨレになってきた。そこでアメリカに注文することにした。12/12注文、12/17到着!(但し不在の為18日受け取り)
 何という素早さだ!アメリカ人は商売については手続きが早い(奴もいる)!送料を入れても値段的には安いと思う。以前お店で買っていた頃のことを思えば、断然安い。
 これで今後ジーパンについて心配する必要はなくなった。

 由無し事をダラダラと書き連ねてきましたが、私は自堕落だなあ、と改めて思う今日この頃である。

|

December 18, 2005

雪の朝

 今朝は雪!シンシンと降り続いている。昨日は天気予報が外れまあまあの天気だったが、今日は予報通りに雪だ。

 今日は、薔薇の鉢植えを植え替える積もりでいたが、この天気では駄目だ。寒くてやってられない。まあ土も凍ってしまって作業にならない。仕様がない、もう少し天気の良い日を待つ事としよう。

 訳は解っているので仕様がないが、薔薇の植え替えは面倒臭い。12月の寒い時期にやらなければ、来年綺麗な花が咲かないらしい。来年の綺麗な花を期待して植え替えるんだが、寒くて辛く腰に良くない作業である。昔は薔薇に興味がなかったので、薔薇好きの妻が一人でやっていた。大変だったと思う。然し今では私もお手伝いしている。薔薇の鉢植えは、年々増えて今や20鉢を超えてしまった。一昨年位から買わない様にしているんだが、綺麗な花、我が家にない色の花を見るとつい買ってしまう事があって、まあこんな事になってしまった。屋上は薔薇だらけで有る。その他にも茉莉花や牡丹、ハーブ等々もあるので結構狭くなってしまっている。

 然し春になると茉莉花が咲き屋上はその香りに溢れる。そしてゴールデンウィーク位から薔薇が咲き出し、6月、我が家の屋上は薔薇の花で満たされる。妻が丹誠込めて花々の世話をしてくれる御陰だ。まあ日頃余り手を掛けないで、花だけを楽しんでいる私は冬の植え替えだけでもやらなくては。

|

December 15, 2005

モブログ

モブログなるものを設定したので試しに送ってみた。これが上手く行けば使える様な気もするがたいして使わない様な気もする。

|

師走の歳時 其の弐

 嗚呼今年も討ち入りの季節になりました。

 12月14日と云えば本所吉良邸に武装した殺戮集団・赤穂浪士が討ち入りした日だ。と云っても実際には夜中の事で15日になっていたらしい。

 あの暴徒による理不尽で筋違いの敵討ちも地元では、もう既に和解しているらしい。まあ300年以上も前の事なので当たり前である。然し日本人は恨みの根深い民族らしく「壬申の乱以来、隣村とは仲が悪い」とか「関ヶ原の戦いで東西に分かれて以来、隣村とは口もきかない」という様な信じがたい事が現実にあるので高々300年で和解というのはお互いに良い人たちなのかも知れない。(「壬申の乱以来」とかの話は信じられない方も多いと思いますが、昨今の平成の大合併に於いて地元の方々がそれを理由に合併を反対したと云う現実は存在します)

 あの事件で一番可哀想なのは、吉良家の当主義周公ではなかろうか(当事者の義央は隠居して家督を譲っていた)。息子を上杉家に養子に出し、跡継ぎの居なかった吉良家に上杉家から養子(つまりお孫さんですね)に入ってから10年後、刃傷沙汰で突然家督を継ぐ事になり、防戦するも負傷し、これ又理不尽な幕府の対応で領地召上のうえ、諏訪安藝守忠虎(4代高島藩主)へお預けになって、約3年後寂しく病でなくなった。高島藩では悪い扱いを受けたとは思わないが、18歳の若者にとっては辛く寂しい日々であった事と思う。21歳!若過ぎる死に合掌。

 吉良義周公については長野県諏訪市の『特別展 元禄繚乱外伝 「吉良義周パネル展」』に詳しく載ってます。


 師走とは関係ない話ですが、最近「サリエーリ」という本を読んだ。
 「アマデウス」でモーツァルトを毒殺した犯人にされていた作曲家サリエーリの話です。結構面白かった。サリエーリはヴィーンの宮廷作曲家であり、モーツァルトの時代の人気作曲家でオペラも数多く書いているし、教育者としても大変多くの弟子を育てている。ベートーベン、シューベルト、リストなんかも彼の教えを受けている。仲々立派な人何でよ、サリエーリは。
 それを後世の作家達が悪人にしてしまった。サリエーリの生前から「モーツァルトを毒殺した犯人」の噂はあったが、全くのデマであった。一部の偏狭なドイツ音楽贔屓によるイタリア人作曲家に対するやっかみでしかなかった。もし彼がヴィーンの宮廷で音楽家として最高の地位にいなかったら、あんなデマは流されなかったであろう。
 面白可笑しくストーリーを進める為に作家達は、冤罪を産みだす。読み物としては面白くて良いかもしれないが、当事者や子孫、地元の人の気持ちは遣り切れないモノが有るであろう。架空の人物にするとかもう少し慮ってやれないモノだろうか?でも実在の人物の方がリアリティは出るもんなあ。其の方が読み物としては面白いよなあ。
 サリエーリと吉良、歴史上の冤罪は仲々スッキリとは晴れない。いつまでたってもこの二人を極悪人だと思う輩が居る。困ったモノだ。

 サリエーリの故郷イタリアのレニャーゴには「TeatroSalieri」があり、劇場の前には彼の胸像もある。
 この街で食べたリゾットは大変美味しかった。

|

December 13, 2005

 昨日から降り続いた雪は、今朝起きてみれば結構な高さに積もっていた。そして今も景気よく降り続いている。

 今日は嫌な夢を見た。

 巨大アリーナで仮設舞台の大きなコンサート、現実の私には滅多な事に無い仕事、100年に一度有るか無いか位の大きなコンサート。
 まづ舞台の設営位置が5間程奥まっていたのでこれを移動する事になった。その時気付いた事には、会場に対して真逆の位置に設置していた。当然凡てを一からやり直す事になった。

 夢なのでここで大きく飛ぶ。

 何故かこの作業を私はアリーナの高い窓にしがみ付いて見ていた。そこに登った梯子は間違って足で蹴って倒して仕舞い、窓の内側に指を掛け必死でしがみ付いていた。そこに大雨が降ってきて、天候は荒れに荒れ、コンサートは中止となった。
 窓にしがみ付く私には体力の限界が来た。嫌な死に方だなあ、と思ったが、其れも仕様がない。もうどうにも助かるとは思えなかった。

 そこで夢は又飛ぶ。

 何故か窓にしがみ付く私の目の前で晩餐が始まった。然し必死の私に目向きもしない。「手を引いてくれ!」と窓からずり落ちそうになりながら必死で私は声を掛けた。何度目かにやっと一人の男が不思議そうな顔をして私の手を引いてくれた。不思議そうなだけでなく、明らかに嫌そうでもあった。一度手は滑ったが、何とか窓の中に引き入れられ助かった。
 それから恐ろしくエンジンの調子の悪い原付で、道を無視して走り、自宅に帰った。自宅に帰ると其処にも何やら、良くない事が起きていた。其れが何だったかは判らない、若しくは忘れた。金銭絡みだった様な気がする。そこで目が覚めた。

 嫌な夢だったなあ。
 今日は東京へ出張である。雪は今も映画のワンシーンの様な遠慮会釈無く降っている。新幹線は今、15分前後の遅れらしい。私が乗る頃はどうなっているんだろう。心配である。
 何よりも明日の仕事が上手く行く様に祈るほか無い。

 嫌な夢であった。

|

December 12, 2005

JF

 今朝某国営放送を見ていた時、歳末助け合い義援金の応募を呼びかけていた。届け先窓口として「JA、JF、NHK,日本赤十字」等が画面にあった。
 JAは農協、NHKは某国営放送、日本赤十字はそのままだ。では「JF」って何?暗殺されたアメリカ大統領、ニューヨークの空港では無さそうだ。Kが足りない。第一、義援金をニューヨークまで運べ、とはまさか謂うまい。ハテ?

 私たち夫婦は知らなかった。私は「JAは農協だし、もしかして漁協?」妻「ジャパン・フィッシャーマンか?」と謂いつつInternetで早速「JF」を検索してみた。
 出ました「JF-NET」。当に漁協であった。而も仲々面白いサイトなんだな、これが。
 「旬の魚の話」「浜のトピックス」「海を守る運動」「ライブラリー」他の大見出しの中に小見出しも色々あり、魚のさばき方、魚料理大全、全国の水族館等々盛り沢山だ。
 この記事のカテゴリーに「学問・資格」も選んだが、JFのサイトには、漁師になる為の情報ページ「漁師になろう!」も載っている。漁師に憧れているのにどうして良いか判らない方は是非ご参考にして頂きたい。

 本当に楽しいサイトですよ〜!ヘ(^o^)/

|

December 09, 2005

師走の歳事?

昨日は12月8日であった。この日には歴史上重要な事件が幾つかあった。

 まずは真珠湾奇襲!
 外務省役人のいい加減で無責任な仕事から日本がアメリカを騙し討ちにした日である。
 対米開戦反対の山本五十六が国際法に則って宣戦布告した後に攻撃してアメリカにショックを与えたかったのに、騙し討ちとなってアメリカ人の反日感情を盛り上げ、「アメリカ人のガッツを見せてやるぜ!」と只でさえ戦争好きのアメリカ人の魂に炎をつけた記念日。
 官僚なんてものを信用してはいけない。職務を全うしようという意識はない。

 ジョン・レノン命日
 25年前大学生の私が大変なショックを受けた(世界には私以外にも沢山居た)。(当日どんな気持ちだったかは去年書いたので省略します)あれからもう四半世紀である。歳を食ったものよのう。今年25回忌を記念して、と云う訳ではないがずっと欲しかったCASINOを手に入れた。勿論Naturalである。これ又勿論コリア製の廉価版である。でも充分嬉しい!而も命日ある12月に我が家にやってきた。CASINOはずっと前から、ギターを集め出す事になる一昨年よりもずっと前から欲しかった。ヒョイと楽器屋に寄ったりすると買おうかどうしようか迷っては「弾かないしな」と思って買わなかった。新品は高かったし。然し諦められずにいた。而もこの所、新品でも安くなってきたし、ギターの金額に対する感覚が若干以前に比べれば(一般人から見れば完全に)麻痺してきたし、今年こそ買おう!と決めては居たのである。それをやっと手に入れた。もう嬉しい限りである。これも御多分に漏れず、ヤフオクで落としたのであるが、殊の外安く手に入った。今年はそう謂うのが多いなあ。まあ、高い金額になったら手を引くので安く手にはいるのは当たり前と云えば当たり前なんだけどね。
 一寸唐突なんだけど、今ジョンは居なくとも、ジョンの魂は不滅なのだ!(宗教的意味合いはない)

 入籍記念日
 昨日は私と妻の入籍記念日であった。そこで帰りに一寸高めのスパークリングワインを買って帰った。然し妻が忙しくてそれに合う料理を作っていられないので、岐阜のT百貨店で出来合のものを買う事にした。所謂デパ地下ですね。ここが問題、大問題。碌な物がない。本当にみんな不味そうなのだ。然しまあ諦めて買ってみた。シーフードグラタン、牡蠣のプチグラタン、サーモンマリネ、新鮮野菜のサラダ、タラバガニのクリームコロッケ。クリームソース許りでカロリーは高いが洋食系では後は冷めたフライ許りだ、仕様がない。
 シーフードグラタン:半分も食べる前に嫌になって捨てた。大変不味い!
 牡蠣のプチグラタン:矢張り大変不味い!牡蠣だけ食べて、後は捨てた。
 タラバガニのコロッケ:美味くはないが上の二つに比べれば食べられない事はない。
 マリネ、サラダは兎も角、何であんなに不味い物を売って居るんだろう。私みたいに買う奴が居るからいけないんだろうが、デパ地下の出来合のものは買って後悔する事ばかりで美味かった事がない。
 高い金を払ったのに極めて貧しい夕食であった。反省。スパークリングワインが美味かったのがせめてもの救いであった。

|

« November 2005 | Main | January 2006 »