« GRETSCH CountryClassic 6122 | Main | YF-200帰宅 そしてホースラディッシュ »

October 10, 2005

シンシティを見た。

 これと云った面白味のない映画であった。聞く処によると結構鳴り物入りで公開されたというか、製作されたと云うか、色々話題の映画だったらしいが、あの映画の何処が面白いんだろうか?私にはサッパリ解りませんでした。

 話は突然変わって、同じシネマコンプレックスで「蝉しぐれ」もやっていた。藤沢周平は好きでよく読んでいる方だが、どうも映画を見る気にはならん。私の中にあるイメージと映画がドンピシャなら良いかもしれないが、まづそんな事は有り得ない。益してあの傑作「蝉しぐれ」である。藤沢ファンの多くがもっとも好きな作品に揚げるものだ。きっと藤沢ファンは行かないんだろうなあ。他の人は知らないし、監督も違うけど「たそがれ清兵衛」には落胆を通り越して怒りさえ感じた。同じ気持ちにはなりたくないので、矢張り見ないでおこう。


 話は又々変わってギターです。
 一昨日YF-200を一寸修理というか、部品交換に出した。ペグが一寸気に入らなかったので交換する為だ。今付いている奴は一寸固かったりしてチューニングし難いので交換する事にした。GOTOHの「35P1600-2R」にする。自分で交換しても良いのだが、P軸用のブッシュ打ち込みが上手く行かないと嫌なのでプロに出した。仕上がってくるのが楽しみだ。

 もう一つギターの話。
 Gallagher GL-009 GCEのペグを交換した。先日ヤフオクで落札した、矢張りGOTOHの「35G1600−EI」にした。こちらは只交換するだけなので自分でやった。一寸ヘッドが豪華になった。チューニングも少しし易くなった様な気がする。
 然しGOTOHのペグのボタンだけ手に入れる事は出来ないんだろうか?何方かご存じないだろうか?

|

« GRETSCH CountryClassic 6122 | Main | YF-200帰宅 そしてホースラディッシュ »