« 来週はBEIJING! | Main | 浮かない日々 »

September 09, 2005

マスコミ ファシズム

 北京から帰ってきてから割と時間があって万博に行ったりしていた。意外と三井東芝館は楽しかった。私は髭があるので見つけやすい。

 さて最近は面白くない。ドラゴンズは波に乗りきれないし、衆議院選挙はマスコミファシズムとも言うべき異常報道で小泉の思惑通りに進んでいるようだし、あれって選挙違反にはならんのかあ
 「郵政民営化」だけで、中身をシッカリと吟味したかどうかも実に怪しい看板だけの浮かれ報道で今後4年間の国の方向を決めてしまって良いのか?この選挙を小泉首相は「郵政民営化に取り組む小泉政権の信任国民投票」と言っているようだが、「郵政民営化」のお題目だけに誤魔化されて「憲法九条」や「年金政策」、「赤字国債の乱発」等々まで彼奴の好きにさせて良いのか?みんな本当に「郵政民営化」の今回の政府案に凡て賛成なのか?マスコミ(特にテレビ)は、本当にちゃんと細部まで吟味してあの「郵政民営化」に賛成しているのか?その上で国民に敢えて説明する必要はないと考えたのか?又その根拠は何なのか?
 昔からマスコミは情報を操作するものだが如何にもみんなが同じ方向を向き過ぎてはいないか?マスコミの報道内容を取捨選択する自由は国民にはないのか?凡ての放送局、大手新聞は同じ経営者なのか?何故国会中継以外では小泉が馬鹿を丸出しにしている所を放送しないのか?矢張り「一億総白痴化」なのか?「造るも馬鹿なら、見るも馬鹿」なのか?

 嗚呼腹が立つ!
 「マスコミはファシズムだ!」
 もしそうでなければ誰かに踊らされて「日本はマス・ヒステリーの中にある!」
 「世も末」だね。取り敢えずこんな日本にしたのは自民党政権とその支持者だと思う。

|

« 来週はBEIJING! | Main | 浮かない日々 »