« August 2005 | Main | October 2005 »

September 28, 2005

GRETSCH CountryClassic 6122

 ついフラフラとヤフオクで落としてしまった。いつもの事ではあるけれど落とせるとは思わなかった。今年は思わぬ金額で思わぬギターを2本も手に入れた。Lucky!もうその点に関してはルンルンである。この時許りは国を憂いて等居られない。矢張り私はスチャラカチャン!
 GRETSCHのCountryGentlemanは中学の頃からの憧れのギターだった。何時か手にしたいと思っていた。然し高い!それにGRETSCHはその風貌からして下手クソが持つにはハードルが高い。音楽のスタイルを選びそうだ。でも欲しかった。矢張り私はビートルズが好きなのだ。でもGRETSCHのCountryGentlemanの新品は作っていない。そこでCountryClassicなのだ。見た目は形といい、色といい、そっくりといっても良いほどなのでこれで良いのだ。(勿論新品なんか買ってないけど)何はともあれもう本当に(しつこいけど)ルンルンである。

 さて着いた6122を触ってみた。嬉しい!
 弦を新品に換えてみた。面倒くさい!それはもう本当に今迄経験した事無いほど面等な弦交換であった。
 ブリッジが固定されていないので弦を外すと当然ブリッジも外れる。ビグスビーが着いているギターは初めてだがこれが曲者。恋は曲者、と云うけれどこいつは事によるともっと曲者である。弦をホールに通すのではなくビグスビーに突き出しているピンに引っかけて弦を張る。これがてえへんでてえへんで、弦の先をペグに巻き付けているそばから外れる!仲々上手く弦が掛からない!ブリッジが動く!やっとの思いで弦を張ってチューニングするにもブリッジを正しい位置にしないと音の合いようもない。仕様がないので簡単にオクターブ調整することになるのだが、これがまた面倒だ。

 GRETSCH CountryClassic6122は素晴らしい!嬉しい!
 でも二度とビグスビー付きのギターは買わない事にする!

 然し昨年末からCASINOを買おう、買おう、と思い乍ら仲々手に入らないなあ。もっと手に入りにくいギターを手に入れて居るんだから良いんだけど、今度こそはCASINOを手に入れよう。勿論ビグスビー無しの普通の奴だ!

 P.S. GRETSCHは90年頃から日本で生産をしているらしい。しかもどうも寺田楽器らしい。そうなるともしかしてこのギターも寺田楽器製かもしれないのである。そうなると少なくとも我が家には3本の寺田楽器製品がある事になる。名古屋市新栄にある寺田楽器本社前は、昔からよく通ったが縁があるんだねえ。(今は知らないが一時期CASINOも作っていたらしい)
 この辺の事に詳しい方がいらっしゃいましたら教えて下さい。宜しくお願い致します。

|

September 23, 2005

浮かない日々

遅ればせながら

「自由民主党歴史的大勝利!お目出度う!」

 「もうどうにでも成れ!」といった気分の浮かない日々が続く事になって早12日。全くこの国の人はどうしてあんな事をしてしまうのだろう。マスコミは、自分たちで煽っておきながら余りの大勝利に慌てたようであった。
 然し前回の選挙でもそうであったが、各政党の得票率と議席数が全く掛け離れた結果になっている。勿論今の選挙制度の所為だが、何とか出来んものかなあ。自民党が勝つ様に出来たシステムで選挙をやるのは憲法違反にはならんのかなあ。まあ何とか他の政党が第一党になった時に改めて貰うしかないが、その可能性はあるんだろうか?甚だ心許ない。

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

 さて話は変わって、未だ一寸早いが

「阪神タイガース優勝お目出度う!」

 「もうどうにでも成れ!」といった気分である。奇跡は起きんのであろうなあ、矢張り。来年は何とかなって頂きたいものだ。昨年はヨーロッパにいて優勝の報道すら見られなかったので今年こそはと思ったが、来年に持ち越しらしい、残念!

$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$

 さてまたもや話は変わって、某SHOPにYD-308が何と2本も入荷するらしい。

「あああああああああ欲しいようううううう!!!!!!」 駄目元で値段を聞いてみた。

 「もうどうにでも成れ!」といった気分、と云うか「どうにもなりません!御免!」といった現実である。
 何時かはきっと手に入れてやるぞ!今に見ておれ!(誰に言っているのだ?)必ず手に入れてみせる!!!
 さて宝くじを買いに行かねばなるまい!
 それにはマヅ小遣いを貯める事が先決だ。

 嗚呼スチャラカチャンだなあ。

 何となく浮かない日々だなあー。
 「身を捨ててこそやがて浮かぶ瀬もあれ。」一寸痩せるか?何のこっちゃいなあ。

 

|

September 09, 2005

マスコミ ファシズム

 北京から帰ってきてから割と時間があって万博に行ったりしていた。意外と三井東芝館は楽しかった。私は髭があるので見つけやすい。

 さて最近は面白くない。ドラゴンズは波に乗りきれないし、衆議院選挙はマスコミファシズムとも言うべき異常報道で小泉の思惑通りに進んでいるようだし、あれって選挙違反にはならんのかあ
 「郵政民営化」だけで、中身をシッカリと吟味したかどうかも実に怪しい看板だけの浮かれ報道で今後4年間の国の方向を決めてしまって良いのか?この選挙を小泉首相は「郵政民営化に取り組む小泉政権の信任国民投票」と言っているようだが、「郵政民営化」のお題目だけに誤魔化されて「憲法九条」や「年金政策」、「赤字国債の乱発」等々まで彼奴の好きにさせて良いのか?みんな本当に「郵政民営化」の今回の政府案に凡て賛成なのか?マスコミ(特にテレビ)は、本当にちゃんと細部まで吟味してあの「郵政民営化」に賛成しているのか?その上で国民に敢えて説明する必要はないと考えたのか?又その根拠は何なのか?
 昔からマスコミは情報を操作するものだが如何にもみんなが同じ方向を向き過ぎてはいないか?マスコミの報道内容を取捨選択する自由は国民にはないのか?凡ての放送局、大手新聞は同じ経営者なのか?何故国会中継以外では小泉が馬鹿を丸出しにしている所を放送しないのか?矢張り「一億総白痴化」なのか?「造るも馬鹿なら、見るも馬鹿」なのか?

 嗚呼腹が立つ!
 「マスコミはファシズムだ!」
 もしそうでなければ誰かに踊らされて「日本はマス・ヒステリーの中にある!」
 「世も末」だね。取り敢えずこんな日本にしたのは自民党政権とその支持者だと思う。

|

« August 2005 | Main | October 2005 »