« 浮かない日々 | Main | シンシティを見た。 »

September 28, 2005

GRETSCH CountryClassic 6122

 ついフラフラとヤフオクで落としてしまった。いつもの事ではあるけれど落とせるとは思わなかった。今年は思わぬ金額で思わぬギターを2本も手に入れた。Lucky!もうその点に関してはルンルンである。この時許りは国を憂いて等居られない。矢張り私はスチャラカチャン!
 GRETSCHのCountryGentlemanは中学の頃からの憧れのギターだった。何時か手にしたいと思っていた。然し高い!それにGRETSCHはその風貌からして下手クソが持つにはハードルが高い。音楽のスタイルを選びそうだ。でも欲しかった。矢張り私はビートルズが好きなのだ。でもGRETSCHのCountryGentlemanの新品は作っていない。そこでCountryClassicなのだ。見た目は形といい、色といい、そっくりといっても良いほどなのでこれで良いのだ。(勿論新品なんか買ってないけど)何はともあれもう本当に(しつこいけど)ルンルンである。

 さて着いた6122を触ってみた。嬉しい!
 弦を新品に換えてみた。面倒くさい!それはもう本当に今迄経験した事無いほど面等な弦交換であった。
 ブリッジが固定されていないので弦を外すと当然ブリッジも外れる。ビグスビーが着いているギターは初めてだがこれが曲者。恋は曲者、と云うけれどこいつは事によるともっと曲者である。弦をホールに通すのではなくビグスビーに突き出しているピンに引っかけて弦を張る。これがてえへんでてえへんで、弦の先をペグに巻き付けているそばから外れる!仲々上手く弦が掛からない!ブリッジが動く!やっとの思いで弦を張ってチューニングするにもブリッジを正しい位置にしないと音の合いようもない。仕様がないので簡単にオクターブ調整することになるのだが、これがまた面倒だ。

 GRETSCH CountryClassic6122は素晴らしい!嬉しい!
 でも二度とビグスビー付きのギターは買わない事にする!

 然し昨年末からCASINOを買おう、買おう、と思い乍ら仲々手に入らないなあ。もっと手に入りにくいギターを手に入れて居るんだから良いんだけど、今度こそはCASINOを手に入れよう。勿論ビグスビー無しの普通の奴だ!

 P.S. GRETSCHは90年頃から日本で生産をしているらしい。しかもどうも寺田楽器らしい。そうなるともしかしてこのギターも寺田楽器製かもしれないのである。そうなると少なくとも我が家には3本の寺田楽器製品がある事になる。名古屋市新栄にある寺田楽器本社前は、昔からよく通ったが縁があるんだねえ。(今は知らないが一時期CASINOも作っていたらしい)
 この辺の事に詳しい方がいらっしゃいましたら教えて下さい。宜しくお願い致します。

|

« 浮かない日々 | Main | シンシティを見た。 »