« April 2005 | Main | June 2005 »

May 26, 2005

懐かしい1日

 一昨日、東京亀有のリリオホールでむすび座の「西遊記」を観てきた。観てきたと云っても勿論観客ではない。一応音響デザイナーというか、担当者・責任者として「1年間で結構芝居が変わったので観て欲しい」と言うことで見に行った訳である。音的には別段大きな問題はなかった。あるとすれば挿入歌をそろそろ録り直した方が良い物がある、と云った所だ。1年前よりも上手くなっているのでそれならば録り直した方が良いに決まってる。問題は何時録るかだ。
 結局この日は、何だかんだで3時半位まで痛飲した。浦さん、ビバ君、付き合ってくれて有難う。

 さて翌日(昨日)は、ホテルが王子だったので飛鳥山が見たくなって歩き出した。飛鳥山と道を挟んだ向かい側にあざとくも良い感じの公園があったのでそちらに行ってみた。私が東京に住んでいた頃には気付かなかった公園である「音無親水公園」人工的な自然に溢れた東京らしいあざとさの有る良い公園だ。そこを川沿いに歩いて板橋まで行き、東京に出て行った時に初めて住んだ板橋区清水町の下宿まで行ってみた。川沿いの遊歩道はよく整備されていて、気持ちよく歩けた。この川が石神井川だとは知らなかった。大学時代はよくこの川に掛かる板橋を渡って学校へ行ったものだが、この川の名前は全く知らなかった。まさか石神井川がこちらに流れてきているとは想像もしていなかった。全く持って迂闊な大学時代であった。

 2時間ほど歩いて曾ての下宿があった現場に着いた。辺りは新しくなっている所もあったがそのまま残っている家も多く、街の雰囲気は余り変わっている様には思わなかった、そして私の暮らした下宿も果たしてそこに昔の侭残っていた。一寸大家さんを訪ねてみようかと、感傷的な気持ちが湧いたがおじさんもおばさんもご存命だとはとても考えられなかったので止めた。

 そこからまた少し歩いてJR板橋駅の東口にある近藤勇の墓を見て、西巣鴨から地下鉄に乗った。板橋駅東口は北区だった。北区滝野川。滝野川であることは知っていたが、まさか北区だとは思わなかった。豊島区滝野川、板橋区滝野川もしくは文京区滝野川だと思っていた。全くここでも迂闊であった。
 板橋駅まで来たたら是非ともその存在を確認しておきたいのが「亀の子束子西尾商店」である。大学時代はよくというか、ほとんど歩いて大学に行っていた。板橋区清水町から旧中山道を通って巣鴨とげ抜き地蔵を抜けて白山の学校まで歩く。約2時間。その途中にある「亀の子束子西尾商店」の風情佇まいが好きだった。奥の建物が新しくなっていて寂しい感じもしたが、入り口の事務所は昔の侭で嬉しくなった。

 ここまで歩いて疲れたので地下鉄にのことにした。そこで発見!「ザ・プロジューサーズ来日公演」7月7日&8日東京厚生年金会館であのメル・ブルックスの傑作ミュージカルが上演される。是非ともお時間のある方はお足を運んで頂きたい。私は保証致します。絶対に面白い!間違いない!もし面白くなっかたならば、あなたのセンスが悪いので諦める様に!でも本当に面白いので見て下さい。

 地下鉄に乗って神保町に行き、この日最初の食事をランチョンで食べた。私は東京に行って時間があれば神保町のランチョンでビールを飲んで昼食を摂ることに決めている。仔牛のカツレツとビールの昼食であった。嬉しい。これでラムチョップを復活させてくれれば最高なんだが、まあ無理な要求は止そう。店にはそれぞれの事情という物があるのだ。でも出来ればラムチョップが食べたいなあ。

 順序が逆と云った感じだが昼食後書泉グランテで本4冊買った。書泉グランテが開いていると嬉しい。私はこの本屋が好きなのだ。私の学生時代、ここはよく閉まっていた。かなり長期に渡って労組と経営者で揉めていて何時行ってもストをしていた。然しよく潰れなかった物である。そのストと私がこの本屋を好きなのは某ら因果関係が有る様な気もするし無い様な気もする。然し根本的にはこのお店のラインナップと東京時代の私の好みがあっていた処に起因している。三省堂でも同様に本はあったが、この店の方が私には探しやすかった。昔一番探しにくかったのは新宿の紀伊國屋書店であった。細かい理由はよく分からないが、本の並べ方にも個性があって、探す人と並べる人の感性が違うと探しにくいんだと思う。

 最後に今年開設されたばかりの、「戦うオヤジ応援団」の事務所に行って、山下さんと楽しくお話ししてきた。ま、私が勝手に言って勝手に好きなことをしゃべりまくって、帰ってきただけだけどね。


|

May 24, 2005

嗚呼♪災難は続くよ〜♪

 先週の土曜日から妻と義母が海外旅行に行って、私は留守番をしている。と云っても勿論家にずっと居るわけではなくちゃんと仕事に行っている。今日はこれからちょいと東京まで行って来る。

 偶には1人での生活も仲々楽しい。朝はちょいと早めに起きて植木に水を遣り、時々金魚に餌を遣り、朝食を摂って仕事へ行く。帰ってきたら適当に好きなもので夕飯を済ませて後は基本的にギターの練習をして寝る。その日が晴天で暑ければ帰ってからも植木に少し水を遣ることにもしているが、今のところその必要のある日は発生していない。むしろ雨が降ったり曇ったりで植木が水不足になる心配のない日が日月と続いた。

 さて災難・不幸の話。
 先ずは、電動カートの盗難!昨日出掛けに気付いた。ふと見ると車庫内(我が家の1階全て)の風景が何時もと違う。母が買い物に使っている電動カートがない!車庫中(車7台分位の広さ)を探したがない!義母は海外に居るので電動カートで買い物に行っている筈はない。これは間違いなく盗難にあったに違いない!我が家の東南にあれば問題はないのだが、東南ではなく盗難である。多いに問題有り。本日盗難届を出してきた。全く困ったもんだ。
 お次、昨日の朝は大変見事に晴れ渡っていたので、洗濯をした。勿論出掛ける前にちゃんと干して家を出た。天気予報では夕方からの降水確率20%、問題はない筈であった。しかし一転俄に掻き曇り、空は見る見る黒雲に覆われ瞬く間に風景を遮らん許りの土砂降りであった。帰宅して洗濯物は、幽かな期待も空しくずぶ濡れであった。洗濯は振り出しに戻ってしまった。嗚呼全く、この野郎!で有る。
 三つ目、妻が出掛ける前日、新しく買ったデジカメの画像ファイルを妻のThinkPadに吸い込んで、カメラ側のデータをさっぱりと綺麗にしていきたいとのことであったので、カメラ付属のUSBドライバーをインストールした。これが仲々上手く行かなくてやっとの思いでインストールしたのだが、これ以来妻のThinkPadの調子が悪い。そろそろ買い換えた方が良いとは思っていたが、ちょっと急すぎる。何せハードディスクが無いと云ってきて殆ど立ち上がらなくなってしまった。さっきも試してみたが立ち上がるのに30分以上掛かった。それもあれやこれや色々あの手この手を使ってのことなのでとても妻の手に負えるものではない。ハードディスクがいかれた訳ではなくどうも電源が上手く供給されていないようだ。それでハードディスクがないと云ってくるらしい。側を開けたりして振動を与えると立ち上がる時がある。困ったもんだ。先ほど立ち上がった空きに私のコンピュータに妻のThinkPadのデータをコピーしておいた。これで取り敢えず「もしもの時にも安心」と云うものだ。

 この先お留守番の間にどんな不幸が待ち受けているのであろうか?

|

May 20, 2005

今日の一句

        酒呑みが 杯を重ねぬ 松竹梅

 先日某お酒を頂いた。
 これが大変素晴らしいお酒で、酒飲みの私が2杯も呑めばその先「呑もう」と云う気が失せる。普通有ればあるだけ呑んでしまう私がだ。素晴らしい!仏様が私の深酒を諫める為に作り出した般若湯に違いない。

|

May 10, 2005

屋上の薔薇や花々

 6日は雨が降ったがそれ以外は好天が続き、5月も中旬になりつつあるこの頃はいよいよ妻が丹誠込めて育てている屋上の薔薇が花盛りを迎えようとしている。もう既に花盛りを迎えた鉢もあるし、蔓薔薇やミニバラは沢山の蕾を付けてもう少しで満開になるであろう。大変楽しみである。然しその薔薇の花を食い散らかす虫が居る。許すまじ!昨日妻は20匹以上駆除したらしい。

 今最も咲き誇っているのは茉莉花で、屋上は茉莉花の香りで満たされている。
 然し残念なのはパンジーとかの草花で鳥が来て、花を食い散らかしていく。本当に非道い状態で見るも無惨なものも多い。それは仕様がないのでまあ諦めて置いておくとして、悔しいけどまあ、鳥の仕業では仕様がない本当に悔しいがそれは置いておこう。
 さて先日近所を妻と散歩していて、綺麗に紫丁香花の咲いているお家があった。そこのおじさんが水を遣りに出てきたので褒めたら「紫丁香花は挿し木で簡単に殖えるよ」と言って何本か枝を切ってくれた。有り難く頂いて家に帰って妻は早速挿し木した。来年の春には、我が家でも「夢の四馬路の街の灯 リラの花散る今宵は君を想い出す・・・・」と上海気分が味わえるであろう。

 それにしてもこれからは毎日屋上に上がって薔薇を見るのが楽しみな日々が続く。然し花食う虫は許すまじ!!!

|

May 09, 2005

百貨店の屋上

 昨日書き忘れたので少々。

 昨日名古屋は栄に行ったことは書いたが、三越百貨店に行った折、ふと思って屋上に行ってみた。
 実は先日、どういう仲間かは忘れたが「今でもデパートの屋上に遊園地は在るのだろうか?」という話題になった。そこで確かめに行った訳です。答えは「在った」。イヤーほのぼのした空間が広がっていて良かったなあ。ちゃんと観覧車もあったし、汽車もあった。何となく嬉しかったなあ。多分名古屋では此処しか残ってないんだろうなあ。オリエンタル中村の当時から在るんだろうなあ。

 妻の父と母がデートの時に乗ったという新岐阜百貨店の屋上のジェットコースターは勿論もう無い。屋上の端に行くと下の道路が見えてスリル満点であったらしいが、残念ながら無くなった。と云うか屋上へも上がれないようだ。

 今、日本全国にどの位「百貨店屋上遊園地」は残って居るんだろうか?

|

May 08, 2005

よみがえる源氏物語絵巻とか

本日もお休み!実は例年ゴールデンウィークはお休みが多い。

さて本日は妻と名古屋にお散歩に行った。

先ずは最近といっても一寸前だがオープンしたナゴヤサンシャインにいって昼食を摂った。5階のウェストパークカフェでWPCバーガーとローストチキンのサンドウィッチ、そしてアメリカンビールを食べた。結構いける。気分良し!

次は宮古路豊後ジョウ(字が出てこない)の名古屋心中の史跡をちょいと覗いて、こちらも最近オープンしたラシックへ行った。まあ大して面白い所ではなかったが、地下の食料品は仲々面白かった。結構世界の調味料があって楽しい。又レトルトカレーの品揃えはもしかしたら日本一かも知れない。あの「イノシシカレー」(本ホームページの「天竺への道」の4月20日をご参照下さい)もあった。マトンカレーだってカツオカレーだって有った。何時か食べてみることにしよう。


さて本題、徳川美術館の「よみがえる源氏物語絵巻」展を見てきた。ハッキリ言ってお奨めです。5月22日まで開催されているので皆様是非足をお運び下さい。科学の力で解明された原画の秘密というか絵の具やなんかが判って、かなり書かれた当時の物が再現されています。それも作業に掛かってから判明したことなどもあって、作業開始当時と最新では色や書き方が違っている処など大変面白かった。本当に面白い!皆さん私に欺されていって見てきて下さい。感動物です。素晴らしい!

帰宅してギターを弾こうと思ったらYD-504の弦が切れた。嗚呼腹立たしい!弦を換える序でにこの間注文して到着していた象牙のサドルに交換した。今回張ったのはM2100だが、このギターには余り合わない様な気がした。音が一寸はしゃぎ過ぎかな。

|

May 07, 2005

休日

 本日はお休みだ。

 お休みの日にはギターの弦を張り替えることが多い。ギターの弦も切れない限りは、一ヶ月以上張り替えることはない。大体一月半位で交換している。でもさすがにギターも11本有ると休みの日に1本、時には3・4本のギターの弦を張り替えることになる。今日は、YD-404、SYD-2000、EJ-160Eの3本を張り替えた。
 YD-404は張り替える時期には少し早かったのだが、前回弦が切れた為に張り替えた時にいつもの弦の在庫が切れていて普通は張らない安い弦を張ったので、張り替えることにした。といっても何時も張っているMSP41F.S.ではなく今回試しに買ってみたM2100だ。張った直後の音は結構気に入っている。これで弦持ちさえ良かったらメインの弦をこれにしようかと思っている。MSP41F.S.よりも少し安いので少しは財布が楽になる。
 SYD-2000もEJ-160Eも前回張り替えてからずいぶん足っているので張り替えた。ギターの弦を張り替えた避難てものを私が覚えているはずはなく、Excelで作った表に張り替えた日を入力しておくと時期が来ればセルに「」「×」が表示されるのでそれを見て張り替える様にしている。
 然し春はよく弦が切れる。季節との因果関係は全く不明だがよく切れる。端午の節句にもYD-305の弦が切れた。嗚呼腹が立つ。

 腹が立つと言えば原辰徳はどうしているのだろう?よく分からない形で監督を辞めさせられたのに、次の監督は今の状況を見ると余り良くない様だ。実情は判らないがあんなに負けては原監督解任の意味は無かろう。ドラゴンズファンとしては嬉しいけどね。兎に角今年は今の所気持ちが良い。ジャイアンツがボロボロでドラゴンズが溌溂快進撃中である。

 もう3回も万博会場に行った。勿論凡てお仕事である。何処のパビリオンも見ていない。4日は初めて公共交通機関(地下鉄とリニモ)で行ったので会場内を歩いた。
 こんな看板があった。
     「お願い この先、座り込んでの食事はご遠慮下さい」
 でも多くの人が路上でお弁当を食べていた。座って食べられるテーブルやベンチが少ないので仕様がないのであろう。然し情けなくないか?芝生の上ならばそうは見えないと思うが、舗装した路上では浮浪者の様に見えないこともない。私は仕方なくそこで食べざるを得ない方々に同情するのである。万博協会は彼らに救いの手を差し延べるべきであろう。
 万博会場は人が溢れている。その為にその人を整理する為にそこら中に三角コーンとトラ柵がある。又コンビニに買い物にはいるのだって5分とか10分とか列ばなければいけない。その光景は貧しい共産国の売店前の様だ。万博会場を見渡した時私は「これは本当に先進国で開催されている国際イベントなのか?」と強く思った。
 因みに藤ヶ丘発6:35という結構早朝のリニモに載ったのだが満員であった。次の駅からでは乗れない人が一杯いて「次のリニモをご利用下さい」とアナウンスがあったがきっと次はもっと満員で乗れないであろう。みんな朝早くから出かけるんだねえ。

|

May 01, 2005

中日新聞4月30日の漫画

chunitisinbun_ss02

この漫画は4月30日付中日新聞朝刊に掲載されてた佐藤正明氏の作品です。
我が家では大好評で、大受けでした。中日新聞の読者以外の方にも是非ご鑑賞して頂きたいので掲載致しました。

写真をクリックすると大きく表示されますので見難い方は是非大きくしてご覧下さい。

イヤー全くあの人は、昔から「ホンダラッタ ホーイホイ」の人だなーと思う。

|

« April 2005 | Main | June 2005 »