« March 2005 | Main | May 2005 »

April 19, 2005

春はギターの弦がよく切れる?

 この所急に暖かくなってきた。好天が続き花粉も結構飛んでいて、マスクが暑苦しいったらありゃしない!全く困ったモンだ。

 さて困ったことは他にもあって、春はギターの弦がよく切れる季節なのだ。私の所だけの局地的な出来事なのかも知れないがこの所実によく弦が切れる。一昨日の日曜日など2本も切れた。ここ2週間程で5本程切れたと思う。総て3弦である。3弦、4弦、最もよく切れると言われている弦ではあるが、張って一週間もしない内に切れたものもあって少々腹も立つ。切れたのは総てMartinの弦である。ハッキリ言ってお安くないのである。特にMSP41FSは結構する。安いお店で買っているとはいえ1set=\610である。5set=\3050!計算すると余計に腹が立つ!こういう事は無闇に現実に直面しない方が良いようだ。計算しなきゃ良かった、虫の居所が悪くなってきた。
 気分を変えよう。そうだD'Addarioは切れていない。立派だなあ。尤もD'Addarioは切れていない、と云ってもD'Addarioの弦を張っているのは、ナイロンとエレキ、そしてEJ-160Eでこれもエレキ弦だし、YD-504を手に入れてから余り触っていないので何とも言えない。ナイロンとエレキは兎も角としてEJ-160Eは触れば切れるかも知れない。
 S-96を買ってから弦を弛めるようになったのだが、それがいけない事は判っている。然しMorrisのSシリーズは「テンションを掛けたままではそのネックの薄さゆえにすぐに反ってしまうので弦を弛めておくように」とメーカーも言っているので弛めるしかあるまい。それ以来他のギターも弦を弛めるようにしている。S.Yairiは多分大丈夫だと思うが何せ25〜30年以上前のギターのなので念のために弛めることにしたのだった。弦を弛めると切れやすくなることは知っていた。特に3弦4弦が切れる。それも知っていた。どの道切れなくても換える時には換えるのである。一ヶ月とは言わないが一月半から二ヶ月もしたら弦は交換することにしていた(但し12弦は別、面倒くさいしとても高いからね)。然し寒い間は、早く切れたなと思っても一ヶ月位は何とかもっていた。それが暖かくなってきた今日この頃、八鱈と切れるようになった。急に暖かく成りすぎたのがいけないのだろうか?4月なのに初夏並みの気温が続いている。この急激な温度変化がいけないんだろうか?

 それにしても花粉は何時まで飛び続けるんだろうか?

|

April 05, 2005

S.Yairi YD-504

 本日は何故か花粉症の症状が格別重い!鼻が詰まって全く寝ていられない。困ったもんだ!

 それはさておき、昨日またもやギターを1本入手した。
 ついに憧れの(?)S.yairiの500シリーズだ。(一寸大袈裟だけど)生きている間に手に入るとは思っていなかった。一番安価な YD-504ではあるが、仲々市場に出てくるものではない。
 ヤフーオークションで落札した訳なのだが、想像していたよりも安い金額で手に入った。結構綺麗状態でギター自体には何の問題もないし、矢張り音は良い!殆ど誰も入札しなかったので最低落札価格で落ちてしまったが、世間の方は案外興味がないのか、見落としたのか、私がこのギターを買い被っていたのかは不明。然しまあ本当に手にはいると思っていなかったギターが思わぬ処で手に入った。

 嬉しいいいいいぞおおおお!!!!!!!!
 何かとっても幸せだぞおおおおおお!!!!!!!!!

 そんな夜に全く鼻が詰まって寝られない。嗚呼不幸の種は何処に落ちているか判らない。

 でも幸せの方が気分的に勝っているのでまあ良しとしよう。

 話は戻って、発売当時よりは高い金額ではあるが、当時S.YairiでOEM生産されていた同じ仕様のローデンよりかなり安いと思われるのでとてもお買い得だったと思う。
 これで我が家のS.Yairiは、何と5本になった、まあその内1本はブランドは同じでも製作は全く違う新S.Yairiではあるが。然し所謂ヴィンテージ物のS.Yairiが4本!私はCollectorだなあ。あと200シリーズを入手すれば取り敢えず全シリーズ制覇と云う事になる。一寸した野望ですな。然し500シリーズを入手したことで一気にハードルは低くなった。一寸狙ってみようか、と密かに思う。というか耳元で悪魔がささやいている。困った物だ。

|

« March 2005 | Main | May 2005 »