« February 2005 | Main | April 2005 »

March 30, 2005

テレビの中の日本語 其ノ一

 先日、と言っても少々前の事になるが出勤前にテレビを見ていたら「親父の小言」に付いて何やらやっていた。「親父の小言」は元々何処ぞの寺の住職が書いたものとの事であった。それはまあ、ここではどちらでも良い。問題はそこからそのコーナーが進行する時の局アナの一言である。

 「では現代の親父はどんな小言を漏らしているのでしょうか?」

 小言って漏らすものなのか?「言う」ものではないのか?
 「お父さん、この子に小言の一つも言ってやって下さいよ。」とか言って女房に背中を押されたにしろ、与える側と与えられる側の立場は、明らかに与える側の方が優位で地に足が着いた人間からそうじゃない人に言われる物だろう。漏らされたのでは受け取る方も辛いと言うか、やり切れなかろう、秘密やオシッコじゃないんだから。それに漏らされたんでは立場も上下関係も有ったものではなかろう。言葉・日本語を扱う商売のアナウンサーがそんなことで良いのか!

 と思うがテレビやラジオを聞いていると耳を疑うことが多い。別の日にもニュースキャスターがおかしな事を言ったが残念ながら失念したが一緒に聞いていた妻は「一週間に8人の女の家から仕事に出かけてた人だから」と飽きれていた。

 また別の日、俳句講座でタレントが「何気に〜」と言っても何事もなったように番組は進行していった。私はこの「何気に〜」という言葉使いが大嫌いだ!「何気なく」なのか「何気があるのか」どっちなんだ、と突っ込みたくなる。全くこのタレントは、俳句なんか習う前に習うべきものがあるように思うんだけど。如何なものでしょうか?某国営放送様

 そう言えば某有名占い師が昔言った「にちじょうちゃめしごと」も吃驚した。彼女はその後で「私はアサ学なのでよく知らない」とご自分の学がないことを正直に言っておられた。
 然し彼女をテレビで見かけると余りの下品さに反吐が出る。あんな傲慢な人の言葉を有り難がる御方というのはどんな精神構造をしておいでなのだろうか?

 テレビを見ていると色んな日本語に出会える。良くも悪くもこうして日本語は変化していくんだろうなあ。それはそれで良いけど、如何な物かと思う言葉が結構あるのも確かだ。私は浅学にして不明な点や間違いも多いが明らかに間違った日本語が堂々とテレビから流されるのが日常茶飯事では困る。

|

March 06, 2005

エレベーターのアナウンス

 昨日、名古屋市営地下鉄ニ乗ッテ某駅デ降リタ。
 其ノ駅ハ地下深キニ有ルノデ地上迄結構有ル。階段デ上ガロウカ、トモ思ッタガ通リカカッタ時ニ丁度箱形昇降機ノドアガ開イタノデ、其奴ニ乗ッテ地上ニ出タ。
 地上ニ着イタ時、其奴ハ言ッタ。
 「地上、着キマシタ。地上、着キマシタ。」
 ウーム、御前ハ支那人カ将亦南蛮人ナルカ?何故貴様ハ『テ・ニ・ヲ・ハ』ヲ省クノダ?
 「地上ニ着キマシタ。」ト何故言エヌ?

 ソウカソウカ、名古屋市交通局ガ教エテハクレナンダカ。不憫ヨノウ、憐レヨノウ。
 異国ノ地デ独リ働ク箱形昇降機、君ハ苦労シテオルノダネ。差別、蔑視トマデハイカナクトモ異国ノ生マレト云フ事デ軽視サレテイルノダネ。言葉ノ違ヒハ難シカロウ。余モバテレンノ地ニ行キシ折リハ苦労致シタ。耐エテ勉学ニ励ミ正シイ日本語ヲ覚エルノダヨ。頑張リ給エ!箱形昇降機君。

 然シ本当ニ外国製ノエレベーターダッタノデアロウカ?不明デアル。
 何ハトモ有レ名古屋市交通局ハ‘総合リハビリセンター’ノ1番出口ニ有ルエレベーターノアナウンスハ修正ス可キデ有ロウ。『テ・ニ・ヲ・ハ』位付ケテ置イテ頂キタイ。
 御願イ致ス次第デアル。

|

March 03, 2005

ギターの周辺

 今年に張ってからはまだギターを買っていない。まあそうそう買えるものではないが、矢張りまだまだ欲しいギターは数多くある。
 CASINO、RIVIERA、Telecaster、Stratocaster、Les Paul、SG、335、Country-Classic、YD-306、307、308、504、505、507、508、HD-28V、000-28EC、OM-42、J-45、J-50、リゾネーター他にもラリビーやコリンズ等々数限りなく、物欲は留まる所を知らない。

 先日宝くじが当たる積もりで何を買おうか楽しみにしていた色々考えていたが、どういう訳か私の思惑・計画とは関係無しに外れていた。オー!マイブッダ!Oh!My Buddha!
 全く人に何の断りも無く外れるとはどういう了見だ!責任者出て来い!そう言われても責任者もお困りだろうが、本心を言えば矢張り当たりたかった(当たり前である、誰だってそうだ)。

 さてそんなこんなでギター本体は仲々買えないが周辺の物を少しずつ買い足して遊んでいる。
 まづギターアンプを買った。色々迷ったが結局安い、と云う消極的というか財布的には積極的な理由でVOXのPathfinder10を買った。アンプを買うなら最初はVOXと決めていたのでメーカーは、此処になる。リバーヴ付きのPathfainder15Rも考えたがそれよりはモデリングアンプのValvetronix AD15VTの方が良いなあ、なんて考えていて結局Pathfainder10とBEHERINGER XV-AMPを買うことにした。この方が幾らか安い!
 Electric Guitarなんて去年の夏に衝動買いするまで持ったことがなかったので使い方もよく判らないが、仲々楽しめそうな組み合わせだ。

 買ってから気付いたんだがXV-AMPのステレオアウトを普通にステレオやコンピュータ用のスピーカーのLineInに繋ぐ手もあったかも知れない。 まだ試してないけどやってみる手はあるな。

 アンプやモデリングアンプ/マルチエフェクターまで買っておいてなんだが、私はピックが苦手である。ピックで弾いているとピックがクルクル回ってしまって弾き難くて仕様がない。何とかならんものだろうか?

 ギター周辺と云えばチューナーも昨年買った。今迄は音叉で合わせていた。スチール弦のアコギに関しては何の不便も感じなかったが、ナイロン弦とエレキについては、合わせた側からすぐ狂うので使い勝手の良いチューナーが欲しかった。ギターのマイクアウトからケーブルで繋ぐタイプの物はYahoo!オークションで手に入れて持っていたが一々繋ぐのが面倒くさい。そこでヘッドに付けて合わせるクリップ型の奴が欲しいなあ、と思い立ち迷った結果安く入る方を選んでKORGのAW-1PWを買った。これは結構使い易い!便利!買って良かった。

 然しどうも高いので諦めたSEIKOのSTX1が諦めきれずにいた。Internetなどで見ていると此方の方がより見やすそうな風体をしている。しかも内田勘太郎が買って、とても便利だとコメントしていた。品名については言及してはいなかったがSEIKOのおにぎりみたいな三角の奴、とコメントにあった(と思う)ので多分STX1に間違いない。
 私は2階と3階にギターを置いているので2つあっても困らない、と云う理由を自分に言い聞かせてSEIKOのSTX1を買ってしまった。嗚呼物欲の人、辛抱たまらん人、仕様のない私。

 KORGの「AW-1PW」とSEIKOの「STX1」、ハッキリ言ってKORGの方が良い!
 第一にクリップが大きく開いて挟みやすい!
 次にBatteryの持ちが良い。(ちゃんと計測して比較した訳ではないが、我が家では比較的よく使用しているKORGの方が持ちが良い。)
 暗い所でチューニングする必要がない以上、私はKORGのAW-1PWをお薦め致します。

 XV-AMPにもチューナー機能があるので我が家にはチューナーが一杯になってしまった。

 音叉はギターのチューニング用に2本程持っているが、他に昔持っていたオートハープのチューニング用に12音のセットも持っている。我が家は音叉だらけである。

 最近買った物と言えばサドルもある。象牙のサドルをYD-404、YD-305用に昨年Yahoo!オークションで入手して気に入ったので、S-96とSYD-2000用にも買った。弦を換える時に計測して注文したのでサドル交換は次の弦交換の時になる。どんな音になるか、どの位弾き易くなるか、とても楽しみ!
 000-15S用にはTUSQのMartin用を買って削り、弦高を下げた。ちょっぴり弾き易くなった。

 これからも細々と何か買うんだろうなあ。ギターもまだまだこっそり買うんだろうなあ。私は一体何本買うつもりなんだろう?

|

寒いが確実に春が・・・

 先日、花粉対策用の眼鏡(スカッシーソフトフィットL)を買った。これを掛けている止めが余り痒くならない所を見ると結構効果があるようだ。昔の花粉用というか、防塵眼鏡よりは遙かに見た目も仰々しくなく至って普通である。しかもレンズもフレームもUVカットで目を保護してくれる。有り難いことだ。丸で目も周りに何時も仏様のご加護があるようである。有り難山の杜鵑である。これで横のフレームから微かに見える景色が歪んでなければ完璧だが、それは高望みという物であろう。
 今年になって初めて花粉対策眼鏡と云う物を入手したが、もっと早く買っていれば良かった。不必要に目を擦ることもなかったろうに。

 昼食を食べに入った中華料理屋で眼鏡を取ったら、途端に目が痒くなった。まだまだ寒い日が続いているが確実に春は近付いているんだなあ。花粉飛散量も日々増えているようだ。これからはもっと飛散して悲惨な日々がやってくるんだなあ。困ったモノだ。
 
 春は曙、やうやう白くなりゆく山際のすこしあかりて、黄色だちたる花粉の細くたなびきたる。いと悲惨なり。

|

« February 2005 | Main | April 2005 »