« Internetは世界を狭くする? | Main | あれから302年「嗚呼忠臣蔵」 »

December 10, 2004

S-96到着 他

 昨日調整の終わったS-96を受け取って帰宅した。
 待ちこがれていたS-96が我が家にやってきた。少ししか弾く時間はなかったが仲々良い感じだ。然し流石に展示品だけ有って少々薄汚れている。今度の休みにはちゃんと磨いてやろう。弦もメーカー出荷時の儘だと思われるので張り替えてやらねばならんし、今すぐという訳にはいかないが、付属のギグバックではなくて矢張りちゃんと純正のハードケースも買ってやらねば不憫だ。
 色々遣らねば成らん事も多々あるが、一番大切な事は私がもっと精進してギターを弾けるようになることだ。頑張らねば!

 話は変わって昨日書き込みたかった事を少々、幾つかのサイトの記事にあった様に12月8日はジョン・レノンの命日であった。そして真珠湾攻撃の日でもあり、我が家では入籍記念日でもあった。
 21才の12月8日、私は大学の劇団の公演の為、高田馬場近くにある某有名大学の敷地内に上演用のテントを立てて仕込みをしていた。リハーサルも終わり、帰ろうとした頃、別の大学に照明器材を借りに行っていた後輩が帰ってきた。そして事も無げに彼は云った「ジョン・レノン、死んじゃいましたね」
 私と同い年の友人は、何か大きな間違った発言があった様に呆然としつつも聞き直してみた。「ジョン・レノン、撃ち殺されちゃったみたいですよ。タクシーの中で聞いたラジヲが言ってました。」矢張り大した事じゃない様に言った。まあ人それぞれだから、彼にとってはそんなモンかなあ、と思いつつも中学の時に「イマジン」や「オーマイラブ」を聞いて泣いた事を思い出した。何か一寸胸を締め付けられる様でもあり、乾いた風が吹き過ぎた様でもあった。

 Imagine all the people living life in peace

 こんな唄を放送規制する国の片棒なんか担ぐべきではない!猿は又もや姑息な手で自衛隊のイラク派遣の延長を決めた。悲しく、情けない。

|

« Internetは世界を狭くする? | Main | あれから302年「嗚呼忠臣蔵」 »