Main | December 2004 »

November 29, 2004

「この国のことば」

 昨日、一昨日と書き込みが出来なかった。現場に出る日は仲々書き込めそうもない。ま、仕様がないか。

 昨日、一昨日は唐沢商会「マニア蔵」を読んで現場に通っていた。これは漫画なので電車の中で読むのは一寸恥ずかしい。まして唐沢商会である。(内容的には過激ではなかったけど)白い目で見られても仕様がない。私としては大変楽しませて貰いました。矢っ張り好きだなあ、唐沢兄弟の作品!

 さて今日からは、半藤一利「この国のことば」を読み出した。飛鳥・奈良時代から十九世紀終わりまでの日本の名言を集めた本で仲々面白そうだ。最初のことばは聖徳太子最後の言葉とされる「世間虚仮 唯仏是真(せけんこけ ゆいぶつぜしん)」だった。「世の中の事は虚しい、仏の教えのみが真実である」という意味だそうだ。太子の人生を鑑みれば悲しく後ろ向きな感じがしないでもない。その点太子が真実の教えを説いた、と考えたお釈迦様の最後の言葉「クリタンカーラニーヤン」(成すべき事は総てした)には爽やかさを感じる。

 半藤一利と云えば「戦う石橋湛山」という著書もある。昨日仕事に出る前にテレビを付けたら時事放談で取り上げていた。どうも石橋湛山は今、人気があるらしい。番組を極簡単に荒っぽく要約してしまえば「アメリカ(実際にはGHQ)に対して臆することなく対等に話をした事が素晴らしい」と云う事らしい。まあ今の純ちゃんは忠犬ポチなのでどうしようもないが、私は、もう十年も二十年も日本の政府はアメリカの言いなりの様に思えてならない。その中でも最大級に今の首相は言いなりだ。ブッシュと小泉が並んでいると猿には申し訳ないがヒステリックな日米の馬鹿ザルが並んでいるようにしか見えない。あの二人よりは明らかにチンパンジーの方が賢そうだ。
 それは兎も角として妻の話では「戦う石橋湛山」は大変面白いとの事なので近いうちに読んでみよう。
 

|

November 26, 2004

「切手をなめると、2kキロカロリー」

 通勤時には大体何時も本を読んでいる。私は大変な遅読なので仲々読み終わらないが、概ね電車に乗っている時は何らかの本や雑誌を読んでいる。
 昨日までは藤沢周平の「隠し剣秋風抄」を読んでいた。元々私は小説嫌いなんだけど、今年の春頃、半藤一利の「歴史をあるく、文学をゆく」を読んだ所「藤沢周平は面白い!」と云った事が書いてあって興味を持っていたら、更にその頃読んだ別の作者の本にも藤沢周平が如何に面白いか、と云う事が書いてあって、小説嫌いの私をして読もうと決意するに至った(それ程の事でもないか)。
 読み出したらこれが面白い!まずは藤沢ファンの多くが傑作・名作として一番に上げる「蝉しぐれ」を読んだ(去年か一昨年NHKがドラマにしていた)。これ以来、嵌ってしまったと謂っても良い位読んでいる。「たそがれ清兵衛」も大変面白かった。余り面白かったので映画まで見てしまった。そして「仕舞った!」とつくづく思い、後悔した。あれは詰まらん!本当に詰まらん!
 その藤沢周平ばかり読んでいては、気分的にマンネリ化してくるので間に他作家の物を挟んでいる。元々好きだった唐沢俊一も最近はよく読んでいる。この人の本は仲々本屋さんに置いてないのが欠点ですね。最近、多くの物をインターネットで買う様になって、色々な物が手に入れ易くなったのは大変有り難い。唐沢本もその恩恵にあずかる物の一つだ。
 で長いフリでしたが、本日のお題に移ろうと存ずる。
 「切手をなめると、2キロカロリー」を今日は読み乍ら会社にやってきた。これは「トリビアの泉」のスーパーバイザーを務める氏の主催するサイト『一行知識掲示板』から氏が厳選した無駄知識で、この手の物が好きな私には大変面白かった。無駄な知識許りが只々並べられているので面白いが、だから何だと突っ込みたくもなってくる。こういった知識は、言って突っ込まれ、聞いて突っ込みする方が何倍も楽しい。然しまあその前のネタ仕込みと云った所だ。私の様な遅読の者でも僅かな通勤時間中に読み切れてしまった。読み切ったが、サラッと読んだだけでは知識としては残らない。時々引っ張り出して拾い読みでもしないと頭力(頭の体力の事、優劣ではない)の落ちた私には、日常で使う事は叶わないだろうなあ。

 トリビア絡みで無駄知識を一つ。

 「トリビアルパスート」の問題「マンドリンの弦は何本か?」の答えは間違っている!

 昔(20年位前)、「トリビアルパスート」と云う無駄知識を競うゲームが有った。5つ(だったと思う)のジャンルのクイズに正解し、早くゴールした者が勝ち、と云った物だったが、此のクイズの中に上記の物があり、その答えが「4本」となっていた。
 これは一概に間違いとは言い切れないが、全くもって正しい答えとも言い難い。
 マンドリンの弦は一般的に「4対8本」である。マンドリンは一つの音を2本の弦で出す複弦で、これが4対有り、実際には8本の弦が張られている。従って「4本」は間違いである。然し何故間違いとは言い切れないか、と云うと実はエレクトリック・マンドリン(エレキマンドリン)という物が世の中にはあって、これの幾つかのモデルが「4本」しか弦が張ってない。(5本の物もあるらしい。)

 参考サイト
 フラマン画廊
 Epiphoneエレクトリック・マンドリン「Mandobird」

因みに我が家には、「トリビアルパスート」と「トリビアルパスート2」が有ります。

|

November 25, 2004

何となく作ってみました。

 どうも始めまして、と云うか何と言いますか、最近巷ではブログという物が流行っているとの由にて私も作ってみました。どうなります事やら判りませんが、一寸続けてみます。

|

Main | December 2004 »